吉田日記(2010/6-2011/5)

2011年6月 1日 (水)

「チェンソーズ on the hill」を今までありがとう、そして…

「チェンソーズ on the hill」は開始から約1年を迎えようとしています。

このブログでは、チェンソーズ新人のマッチとたまるが、新人目線で林業の紹介や、日々の生活や現場で見つけた発見をお伝えする機会としてスタートしました。

早いもので、もう1年が経とうとしています…ここで「チェンソーズ on the hill」は、「チェンソーズに明日はない(元祖チェンソーズブログ)」と統合して新たに名を『LIFE』と変えお引越しすることになりました(゚ー゚)

今後は、ルーキーとしてではなく、いち林業マンとしてさらにパワーアップした僕たちがブロ『LIFE』にて、林業や現場でのいろいろな発見や意見を発信していきます!

もちろん、チェンコレや檜原ライフの紹介も引き続きしていきます!

今まで、「チェンソーズ on the hill」を見てくだっさた皆様ありがとうございます!

そして、これからもよろしくお願いします(゚ー゚)

P6010060_2

See You next Time!

東京チェンソーズ新ブログ『LIFE』

http://life-chainsaws.cocolog-nifty.com/blog/ ← Check this!!

※右サイドバーの”バックナンバー”の文字をクリックすると、すべての年・月が表示されます。

2010年6月28日 (月)

炭焼き

数日前、檜原村にある「都民の森」というところで、炭焼き職人の体験を行っていました。

私は別の用事で「都民の森」を訪れていたため、実際に体験は出来なかったのですが。。

なんだかとてもおもしろそうだったので、今日は炭焼きの簡単な紹介をします!

そもそも檜原村の山は戦後の杉、檜の植林の前の山は広葉樹に覆われており、一番の産業は広葉樹を使った炭作りや、薪作りだったのです。体験の指導をされていたインストラクターの方の話ですと、↓のような大きなピザ窯ように大量の薪を入れ、1週間近く火を焚き続けるそうです。そうすると窯の中はかなりの高温になり、中でじっと我慢している楢(なら)や栗の薪はかたーい、とても出来の良い炭になるそうです。出来あがった炭はポーンと地面に投げても乾いた高い「カーン」といった音をたてるぐらい堅く仕上がるそうです。

P6260066_web_2

私もしらなかったのですが、炭に何故楢や栗のような広葉樹が適しているかというと、木に含まれる水分が少なく、とても堅い為、炭作りに適しているとのことでした!

↓は遠くからみた炭焼き小屋です。

モクモクと煙がでているのがわかりますね。都民の森一帯を覆うほどの煙でした!!

P6260068_web_2

担当:ヨシダ

2010年6月22日 (火)

山仕事での足まわり

どうも、ヨシダです!

急に質問ですが、みなさんは林業従事者が山仕事にどのような靴を履いているかご存じですか!?

私も都会の暮らしをしていたつい先月まで知らなかったのですが、日本ではみなさん地下足袋を履いています。しかも靴底にスパイクがついているタイプです。

↓これが私が履いている足袋

P6220063_web

↓そして裏側のスパイクがこちら。踏まれたら痛いです。。

P6220064_web

ちなみに欧米諸国ではこれに代わって、つま先にスチールなどが入った安全ブーツが主流のようです。安全の面から言えば足袋はチェンソーや刈払機の回転した歯が当たれば簡単に切れてしまうので、欧米からは「(安全面で)日本の林業は遅れている」なんて非難もあるようです。。

ただ、欧米諸国と比べ、山の傾斜がきつい日本だからこそ、↑のようなスパイクが付いて、厳しい傾斜の中も自由に動きやすい足袋が今も好まれているのかも知れません。

とはいっても私のように足袋など履いたこともない人間がこれを履いて山仕事をすると、足の裏は悲惨な状態になります。。諸先輩方曰く、数か月もすれば足の裏の皮が厚くなり、全体的に黄色くなり、足袋でどんな山仕事をしても平気になるとのこと。。

その日目指して、頑張ります 笑

担当:ヨシダ

2010年6月16日 (水)

新人 ヨシダです!

P6150003

今月から東京チェンソーズの新人となりました 吉田尚樹 (ヨシダナオキ) です。

本日ブログデビュー!

。。。というわけでさっそく簡単な自己紹介から始めます。

昭和53年生まれ、31歳、一児の父親。

生まれは東京、10才まで東京で暮らし、その後はイギリス、アメリカと22才まで英語圏で育ちました。23才からは東京で8年間外資系コンサルティング会社にて勤務していましたが、自分の存在意義とは何だろう。。何か自分や、周りにもっと意味のある仕事がしたいと思い立ち、昨年夏に離職!

今後何をして生きていこうか考えていたところ、偶然、林業という山の手入れをし、山を育む仕事の存在を知り、直感的に「これだ!」と。。まったく違うフィールドへ飛び込むことへ若干の不安はありましたが、人間やってできないことは無いと勝手に考え、飛び込む決意を!!

その後は今年2月の森林の仕事ガイダンスへ参加→20日間の東京都林業就業支援講習を受講→当講習にて東京チェンソーズの存在を知り、青木代表が林業を語る際に用いた「存在意義」という言葉に化学反応が起こり(勝手に 笑)、今月の入社へと。。

現在は横浜市緑区在住で、毎朝4時起きで檜原村へ通っていますが、近日、日の出町へ引越しを計画中!!

他の2人の新人、田丸くんとMatch森谷とは年が若干離れてしまいますが、31才新人も頑張ります!

今後、当ブログでも山のこと、仕事のこと、田舎暮らしなどなど自分目線から色々と想いを伝えていきたいと思いますので、どうぞよろしくお願いしますm(__)m

2010年6月 5日 (土)

2010年度生『初』現場、出撃!

今日は、チェンソーズ新入社員が初めのて現場に、そろってお出まししました!

P6050013

左から・・・Mr.帰国子女で、一児のパパ「吉田さん」。足がメチャ長いスタイル抜群、趣味は筋トレ、ビタミンすーのマッチが良く似合う「森谷くん」。毎度、ブログ担当?「たまる」です!

本日の、作業内容は林道の下草刈りおよび青木さんによる、刈払い機の基本的な使い方、メンテナンスの習得・実践でした。

P6050008

皆で程よく汗ばむ天気のもと、刈払い作業に励んでいます。

P6050011

青木さんから、刈刃のメンテナンスを教わる「マッチ森谷」。真剣な表情です!

こんな様子で、初の現場は無事予定通り終えることができました(゚ー゚)

今後も皆で切磋琢磨しながら成長していく様子をお届けします。応援よろしくお願いします!