田丸日記(2010/6-2011/5)

2011年6月 1日 (水)

「チェンソーズ on the hill」を今までありがとう、そして…

「チェンソーズ on the hill」は開始から約1年を迎えようとしています。

このブログでは、チェンソーズ新人のマッチとたまるが、新人目線で林業の紹介や、日々の生活や現場で見つけた発見をお伝えする機会としてスタートしました。

早いもので、もう1年が経とうとしています…ここで「チェンソーズ on the hill」は、「チェンソーズに明日はない(元祖チェンソーズブログ)」と統合して新たに名を『LIFE』と変えお引越しすることになりました(゚ー゚)

今後は、ルーキーとしてではなく、いち林業マンとしてさらにパワーアップした僕たちがブロ『LIFE』にて、林業や現場でのいろいろな発見や意見を発信していきます!

もちろん、チェンコレや檜原ライフの紹介も引き続きしていきます!

今まで、「チェンソーズ on the hill」を見てくだっさた皆様ありがとうございます!

そして、これからもよろしくお願いします(゚ー゚)

P6010060_2

See You next Time!

東京チェンソーズ新ブログ『LIFE』

http://life-chainsaws.cocolog-nifty.com/blog/ ← Check this!!

※右サイドバーの”バックナンバー”の文字をクリックすると、すべての年・月が表示されます。

2011年5月31日 (火)

Tokyo MX テレビの取材を受けました!

今日は、八王子の都行造林の間伐をしました。でも、いつもと違うのは、Tokyo MX TVの取材を受けていたということ!

2年前にも東京チェンソーズは取材を受けていて、その続編みたいな感じです。今回は、新たに法人化したチェンソーズと新人が取材の対象のようでした!

前回の放送内容→http://www.youtube.com/watch?v=XaOKBGo1KjE をご覧ください。

取材風景はこんな感じです!

Img_3240_2 

↑ マッチ君、ばっちり撮影されてまっせ!笑

Img_3257

↑ こちらは、取材班のリクエストにお答えする青木社長!さすがのチェンソーさばき(゚ー゚)

この、Tokyo MX TVの放送は、明日6月1日の「Tokyo MX NEWS」(夜8時~8時半の間・地デジ9ch)で放映されます!

…って、明日じゃないですか、取材班の方、取材に編集にお疲れ様です!

皆さん、ぜひご覧ください!

担当:たまる

2011年5月29日 (日)

Let‘s Eat !!

先日、仕事から帰り畑に直行!!

この日は、日課となった草抜きではなく、ホウレンソウの収穫(゚ー゚)

20cmほどに伸びたホウレンソウを収穫。

Img_3116

↑ 採れたて野菜。

ついその場で、ホウレンソウの味見をしてしまいました。少々土がついているのもお構いなく!何せ、無農薬ですから!

Img_3137

↑ 早速キッチンへ。今まで、土から養分を吸収していた根っこがまっすぐに伸びています。何ともみずみずしい(゚ー゚)

早速作ったのは、ホウレンソウ入りのアラビアータ。トマトの収穫は、夏を予定しているので市販のホール缶を使用。

Img_3143_2

↑ タマファーム採れたてホウレンソウを使ったアラビアータ。いただきま~す!!

ホウレンソウの風味が効いていてトマトの酸味を引き出していて、とてもおいしく頂きました!ぺロリと、たいらげました(゚ー゚)

次回の収穫は、コカブです。

タマファームパワーを体内に注入して、明日も仕事、頑張るぞ~!

担当:たまる

2011年5月25日 (水)

“パイオニア”アイテム

こんにちは、たまるです。

前回の問題の答えは、「きのこ(シイタケ)」が正解です!

Img_3079 

↑ シイタケのホダ木(ナラの木)。

これから、一か月程度を目安に“仮ぶせ”と言って、ホダ木にシイタケ菌を充満させる期間に入ります。さぁ~、どうなるでしょうか、秋の収穫が楽しみです。

…と、ここで話は本題!

今、八王子の恩方で都行造林(都が所有し管理している人工林)の間伐作業を行っています。林齢は20年程度の比較的若い林です。

そこでは今回、「多摩・産業コミュニティ活性化プロジェクト」の一環として無線機のテストを行っています。

この無線機は、普通の無線機と違って、ブルートゥース搭載の骨伝導イヤホン仕様になっています。いわば、林業業界では最新式の無線機です!

Img_3101

↑ ブルートゥース搭載・骨伝導無線!

右下の黒い長方形の機器に線でつながっているのが、骨伝導イヤホンです。

これによって、無線機をいちいち取り出さなくても会話ができます。なので、作業をしながら、簡単にメンバーとコミュニケーションが取れ、危険作業の防止や、見えない位置での作業状況がお互いに把握できることがメリットです!

P5240005

↑ 装着するとこんな感じになります。さっきの黒い長方形はメットの調節帯にくっつけています。

首にかけたボタンを押しながら、しゃべるだけで、音声が相手に飛びます!

今後、林業現場での安全管理や作業効率の向上、重機乗りと伐採・造材作業者とのコミュニケーションの円滑化などの状況下で威力を発揮すると思います。

でも、常に耳にイヤホンが入っているのは、少し気になりますが、慣れればなんてことないですけど(゚ー゚)

林業関係者の方、普段無線って使いますか?

使っていたらどのように使っているか教えてください。参考にさせて頂きます!

担当:たまる

2011年5月23日 (月)

風薫る。タマファーム

5月も下旬にさしかかり、夏を思わせるような陽気の日もありますね。そんな日も、檜原は日が落ちると、急に涼しくなります。きっと周りが山に囲まれているからでしょう(゚ー゚)

タマファームも、植え付けから約2か月が経ち、そろそろ1回目の収穫を迎えようとしています。

Img_3076

↑ さて、この野菜はなんでしょう?タマファーム通ならわかるはず!笑

正解は、コカブです(゚ー゚) 土の間から、白いカブが顔をのぞかせています。

ん~…土の中は見えないので、いつ収穫するかは迷っていますが、そろそろでしょう。

そして最近、タマファームに新たに加わった野菜があります…また、問題です!

↓ これは、なんでしょう?

Img_3080

…木?さぁ~なにかな~?

答えは、次回!

ヒントは「ピーチ姫の、召使い」です(゚ー゚)

担当:たまる

2011年5月19日 (木)

コナラの植え付け

今日は、初夏の日差しの中コナラの苗木を植え付ける仕事をしました。

まずは、苗木となるコナラの実生(自然に発芽したコナラ)を採取しに青梅に向かいました。

Img_3002

↑ ブヨが飛び交う中、コナラの実生を掘り出すマッチ。

Img_3004

↑ こんな感じです。

コナラの根は、縦に長く伸びていて掘り出すには少しコツがいります。根は乾かないように湿らせた新聞紙にくるんで、植え付け現場に持っていきます。

今回、植え付けで必要な苗は200本です(゚ー゚)

Img_3013

↑ その苗を、竹籠に入れて現場へと向かいます!

Img_3025

↑ 程よく汗ばむ日差しの中、一本一本丁寧に植えていきます。

手に持っているのはトンガと呼んでいる道具です。これで、苗を植えるところの土を掘って苗木を植えて、土をかぶせて、土をよく踏み固めます。あとは、周りの土が乾燥しないように葉っぱを敷き詰めれば植え付け完了です(゚ー゚)

Img_3034

↑ ひざほどの高さのあるコナラの苗木。

植え付けの時期としては、少し遅めですが、暑さに負けず、土の中で根を伸ばしてくれればオーケーです!

大きくなれば、きっと夏の木陰には最適なコナラです!すくすくと大きく育ちますように(゚ー゚)

担当:たまる

2011年5月15日 (日)

春の御前山登山

先週の週末に、檜原にある御前山(1405m)に登山に行ってきました!

仕事ではなく、レジャーとして檜原の山に登るのも、いつもと違う視点で山を観察できてよいものです(゚ー゚)目的は、春の野草や樹木を観察すること。

Img_2804

↑ ハルリンドウ。青空のように澄んだ青がとても美しい。

ハルリンドウは、日当たりの良いやや湿った山野や湿地に生え、朝に花びらを開き、夕方にはその花びらを閉じるそうです。

Img_2895

↑ カタクリ。

御前山はカタクリの群生地として有名です。来週いっぱいくらいは、カタクリの花が見れそうです。

Img_2907

無事に御前山に到着。山頂はお昼時ということもあり、大勢の登山者でにぎわっていました!

…登山中に見つけたものは、花や樹木だけではありません。それは…

Img_2838

↑ 高地に仕立てられた畑。…檜原魂を感じます!!

なんたってここは、標高1000付近。つくずく檜原村に平地が少ないことを物語っています。ここまでは、登山口から1時間半くらいの場所にあります。しかし、ちゃんと手入れがされていたので、誰かがここまで、山道を登ってきて畑を耕しているのでしょう(゚ー゚;

おそらく、東京都でも最も高い畑の一つではないのでは!?笑

皆さんもぜひ檜原登山にお越しください!春の山は、一日一日、表情が違ってとても面白いですよ!

担当:たまる

2011年5月11日 (水)

フキの煮つけ

檜原村の僕の家では、庭から今日の一品が作れます!今回ご紹介するのは、“フキの煮つけ”。

まず、庭に勝手にはえていたフキを収穫(゚ー゚)

Img_2798

↑ 一握りほどのフキを収穫。

調理方法は、田舎広島のばあちゃんに電話して聞きました!

まずは、フキを鍋に入る大きさに切ってお湯に通します。こうすることによって、フキの皮がむけやすくなるみたいです。

Img_2971

そして、湯からあげたフキを冷水に通し、ひとつひとつ皮をむいていきます。これが、意外と地道な作業なんです(゚ー゚;

Img_2972

ここまですれば、下ごしらえはおしまいです。あとは、ばあちゃんに教わった通りに味付けしていきます。まぁ、ばあちゃんに聞いたんで、各調味料の分量はかなりアバウトですが紹介します(笑)…かつお出汁はフキが浸るくらい。塩と砂糖は少し。あとはお好みで。以上!!

Img_2974

あとはこれを汁気がなくなるまで、煮詰めていきます。…しかし、ここでただじゃ終わらないのが檜原ライフ!

「ガラガラ~」と、家の扉が開く音ともに向かいの古川のじいさんが山椒の佃煮を持って現れると、そのままキッチンへ。…「まさか。」と、思ったのもつかの間、火にかかった鍋を見るなり「醤油入れれば味が良くなる。」と言われ、言われるがまま、醤油を入れ、塩を加え、砂糖を加え…こちらも、もちろん目分量(゚ー゚; 笑

結局、俺のばあちゃんと向かい古川のじいさんの合作で、フキの煮付けは完成しました。

Img_2976

↑ 「フキのばあちゃん・じいちゃん煮」完成!

食べてみると、フキのシャキシャキ感が歯触りよくて、味も甘辛な感じでとてもおいしかったです!

恐るべし東西目分量の合作!笑

担当:たまる

2011年5月10日 (火)

檜原産、チェンソーズデスク!

最近のチェンソーズは、事務作業の効率化をめざしていろいいろ事に挑戦しています。

以前、ご紹介した日々の日報をPCで記録していくというのもその一環です!

そこで、今回ご紹介するのは、“檜原都民の森”で作成した地元ヒノキを利用して作った、個人デスクです(゚ー゚)

“檜原都民の森”では定期的に、木工教室を開催しており、今回はダイニングテーブルを作れる教室が開催されていました。チェンソーズメンバーも全員で参加して、皆それぞれのマイデスクを作りました。

↓ 作業風景

Img_2515

真剣な表情で、机の細かな凹凸を削るマッチ森谷。

Img_2508

「青木さん、カメラじゃなくてちゃんとカナヅチで打つ所を見てくださ~い。笑」

みんな、自分のペースで思い思いにデスクを組み立てていきました。完成したデスクは、早速チェンソーズ号(軽トラ)に積み込んで事務所へと!

Img_2770

↑ …事務所っぽくないですか!!?早速デスクの上には、PCやら書類の山が。

これからの、事務仕事がますますはかどります(゚ー゚)

それに、なんと言っても地元檜原のヒノキを使っていて、地元“檜原都民の森”で自分で作れるというのが何よりのポイントです!!

皆さんもぜひ“檜原都民の森”で、いろいろな家具作りに挑戦してみてはいかがですか?

担当:たまる

2011年5月 7日 (土)

雑草魂!!

GWは実家広島に帰省していた、たまるですが(もちろん、お土産は“チェンソーズ本”!)…5日ぶりに檜原に帰って畑を見てビックリ!!

よく育っている野菜の周りに、雑草の波が押し寄せているではありませんか!!

雑草魂とは、よく言ったものです(゚ー゚;

Img_2791

↑ 右下、2株あるのがコカブです…左上はボーボーになっている雑草。

「こりゃまずい。」と、早速GW明けのひと仕事は畑の雑草抜きでした(゚ー゚; 笑

Img_2787_2 

↑ 10cm位まで育ったコカブ。

3月の終わりに捲いたコカブもは一か月ほどで、ちゃんと大きく成長しています。

ただ、ホウレンソウの方は発芽率が悪く、今までの過程のどこかに問題があったのかもしれません…土づくりかな~…それとも、水やり??

やっぱり、畑も奥が深い!!

Img_2784 before→ Img_2799 after

これからも、雑草との長い戦いが繰り広げられます。負けるなタマファーム!笑

担当:たまる

より以前の記事一覧