« 研修生なんです | トップページ | 「○○の秋」 »

2018年9月30日 (日)

理想の糸鋸刃

こんにちは、関谷です。

今日は「理想の糸鋸刃」のお話です。

10歳の誕生日に電動糸鋸を買ってもらい、それ以降気が向いた時にはものづくりをしていました。
おかげさまで、今その経験が仕事に生きています。

今ある仕事の中で糸鋸盤を使用して作る商品は、「ほたるのつみき」です。
ほたるのつみきの詳細は以下URLよりお読みいただければと思います。
http://tokyo-chainsaws.jp/delivery/hotaru/
ほたるのつみきは一匹一匹糸鋸で切り抜いて作ります。
その為糸鋸で切った断面が綺麗な程、きれいなほたるが生まれるわけです。
そしてきれいな断面で切るには、「技術」と「刃」が肝心なのですが、
今までの糸鋸人生の中では納得がいく刃には出会えていませんでした。

しかし!ついに!
ある程度満足できる糸鋸刃に出会いました!
糸鋸刃専門で制作されているところの、堅牢性が高いタイプの糸鋸刃でmade in japan!!

糸鋸刃が良いと何が良いか、それは「切っていて楽しい!」という事です。
切り進むスピードが快適で、切り終わったほたるが美しい。
そして切れ味が落ちるスピードも緩やかなので、作業のテンポも落ちない。

この日は約90匹のほたるを切り抜いたのですが、最後まで楽しかったです。

楽しいというのは制作側の問題ですが、刃が良いと出来上がるほたるも綺麗になるので遊んでくれる子供たちにとっても触って気持ち良いほたるになります。

より良い商品として世に出せるのは製作者として気分もやる気も上がるので今後も理想の糸鋸刃探し継続したいと思います。

ほたるのつみきを目にする機会がありましたら、ぜひお手に取ってみてください。
最後までお読みいただきありがとうございました。
20180929_163418糸鋸加工時

20180929_163907_2切り終わったほたる

20180929_164754ゴミすらも美しく感じる

« 研修生なんです | トップページ | 「○○の秋」 »

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 理想の糸鋸刃:

« 研修生なんです | トップページ | 「○○の秋」 »