« 2017年5月 | トップページ | 2018年1月 »

2017年6月

2017年6月28日 (水)

wild power food⁉︎

どーも皆様、お久しぶりでございます。関東も梅雨入りして不安定な天気が続きますが、お元気ですか?山仕事をする人間にとってもこのよくわからな天気はつくづく仕事の予定を狂わされますね…。個人的には雨の天気は好きなので複雑な心境ですが…。雨にぬれた木の葉や霧がかかった山の景色は心の底から癒されますよ!!
さて、今回のお話のネタは関東が梅雨入りする少し前。日差しがきつくなってきた我が社の社友林での出来事です。昼休みも終わりに差しかかろうとしたその時、山梨からお手伝いに来てくれているシルバーの方が山の中から何かを捉えてきた……。あれは…細長くて…独特の模様があって…猛毒がある……蛇ですね…。正体がわかった瞬間、僕は悲鳴をあげていましたよ(T . T)。話を聞いたところ、赤まむしという蛇みたいです。猛毒もさることながら、食べれば凄まじいまでの精力増強効果があるとかないとか?
ひとまず毒のある頭部は切り落として、いつでも食べられるよう皮も剥がされました。それからしばらくして…、この日の仕事は道を作るという肉体的重労働、僕のリュックの中にはガスバーナーが入ってる、もうすぐオヤツの時間…。焼いて食べましたよ!直火でこんがり焼いた蛇は少し骨っぽい川魚のような感じで不味くはなかったですよ。なによりすごかったのはその後!全身がものすごく熱っぽくなってしまいました。これもマムシ効果ってやつでしょうか?自衛隊レンジャー育成ドキュメンタリー番組で蛇を捌いて食べる場面がありましたが、この日のオヤツはまさにそれですね。梅雨が明けて暑くなって元気がなくなった時にはおすすめですよ、蛇!ぜひお試しあれ(^_^)

19532574_2325862337638187_1886215_2

細田

2017年6月 5日 (月)

今日の細田くん 《苗畑編》

こんにちは、森です。

2週間前に、事務所の上の斜面を耕しました。

杉の苗を試験に育てていく為です。

Dsc_0024
ここは長い間使われなかった土地で、
その他たくさんの雑草が、それはそれは元気に生い茂っています。
雑草は畑の敵と思われることが多いですが、
実は畑の楽しみの一つでもあり、虫の宝庫でもあります。
ここのように多様な雑草が生えている場所は、
たくさんの昆虫が入れ替わり立ち代り登場するので、
手を止めて見入ってしまうこともしばしば。

しかし、小さな杉が虫や雑草に負けてしまう可能性があるので、
ひとまず除草(&地中で丸まっている幼虫は脇へ放り投げる)に努めます。
アケビ、クズなど根の深いツタ類が生えていると、本当に大変で・・・
鍬で5堀りくらいするだけで息が切れます。
70代のベテランファーマー・Mさんにも手伝っていただき、
なんとか綺麗な畑にすることができました。


そして翌日、
苗木農家さんの畑から掘らせていただいた、

種まきから1年経った杉(花粉の少ない杉)を植えました。

15㎝ほどの、ほんの小さな杉です。
Dsc_0037
通常、山へ植える苗木は2年〜3年生なので、

一足早く、農家さんの居心地のいいフカフカの土を離れ、

山の土に慣れてもらうことになります。
今日は、

雨で現場が休みな細田くんに畑作業を手伝っていもらいました。
春に植栽をしたばかりなので、手馴れた感じです。
檜原村では見慣れた斜面畑ですが、杉苗の畑で、

傾斜のあるところは珍しいかもしれません。

(彼は足が長いので大変そうです)
Dsc_0042
最後に、散霧器で水をかけます。
Dsc_0053_2
今後の成長が楽しみです!