« 魅惑のアグロフォレストリー | トップページ | 木の皮をむく! »

2017年2月17日 (金)

古民家×東京チェンソーズ

こんにちは。事務担当の竹本です。

竹本は今、会社の「見える化」というのを進めています。契約書や請求書、勤務状況などの原始資料をいろいろな形に集計し、分析や評価をし、会社の経営戦略や問題改善に活かせる情報にしていく・・・その第一歩くらいのとこにただ今おります。

なので現場メンバーが山に木を伐りに行っている間も私はパソコンに向き合って数字を見ています。まぁ事務職ですからね。でもたまには体を動かしてたいわ~なんてタイミングでいい仕事あり。事務所の模様替えです。

本日は午前中半日をかけて事務所の大規模な模様替えを行いました。

というのも、東京チェンソーズでは5ヵ年計画の一プロジェクトとして、事務所お片付け大改革(?)が進行しています。道具置場や事務所機能を移動させたり、イベントスペースを作ったり、歴史的トイレを現代的なものにチェンジしたり、シャワー室なんかも設置しちゃったり・・・夢は膨らんでいます。

()そうじの力さんのアドバイスも受けつつ、お片付けは計画的に着々と進められています。事務所や車、道具を日ごろから整理整頓することは、林業の現場作業での事故や危険の予防にもつながるそうです。確かにそうですよね。そう考えるとたかがお片付け、されどお片付け、最重要事項と言っても過言ではないでしょう。

本日はお片付けの一環として、事務仕事用の一室に置いてあるものをいったん全部運び出し、ついでに板の間に畳を入れ、ついでにデスクの配置換えを行いました。

Img_3120 Img_3122

デスクのレイアウトについてはその場にいた6,7人であーだこーだ言い合って決めました。窓外の大自然を眺めながら仕事をしたい!ストーブの配置でみんな暖かく!斬新な菱形にする!流行のスタンディングデスク!・・・そんなあーだーこーだの結果、このようになりました。

Img_3127

奥はデスクトップパソコンを置いて事務担当のデスク。手前は3つのデスクをつなげて一つの大きなテーブルにして、物は置かず、みんながその都度自由に使えるように。東京チェンソーズらしく、若々しいオシャレな感じにまとまったのではと思います。実際少し使ってみたところ、いい感じです!今後もあーだこーだを繰り返して、より良くなっていくでしょう。

私の席はというと、一番手前の窓際から一番上座に栄転しました。この席は以前は外から冷気が来るしストーブから遠く一番寒い過酷な席でしたが、ストーブの位置が変わり暖かくなり、障子を開けていると遠くの山まで見渡せる、とても素敵な席になりました。やった!これで心も新たに仕事に邁進です。

 400年といわれるこの古民家は、今までにもすでに増築や修繕を繰り返し、ずっと使われてきたそうです。これからも東京チェンソーズが何度も何度もよみがえらせて大切に使っていけたらいいなぁと思います。

竹本

« 魅惑のアグロフォレストリー | トップページ | 木の皮をむく! »

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1361713/69621277

この記事へのトラックバック一覧です: 古民家×東京チェンソーズ:

« 魅惑のアグロフォレストリー | トップページ | 木の皮をむく! »