« 枝打ち | トップページ | 古民家×東京チェンソーズ »

2017年2月 8日 (水)

魅惑のアグロフォレストリー

こんにちは、事務の森です。

 

先日、奥多摩町へ行く機会があり、

途中で奥多摩町古里図書館に立ち寄ってみました。

 

林 森 山などの言葉が並ぶ一画で、

ある言葉が目にとまりました。

R0027670

『アグリフォレストリー』です。

真ん中あたりです。

 

Agriculture農業・畜産業)+ Forestry林業)=Agroforestry

 

アグロフォレストリーという言葉を聞いたことがありますか?

明治のチョコレートの商品名になっているようなので、

メジャーな言葉なのかもしれませんが、私は知りませんでした。

 

木材や燃料としての木と、動物や人間が利用したり食べたりできる植物や果樹とが

バランスよく混在している森なんて、さぞ豊かで気持ちがいいだろう・・・

Dsc_0047

が、どうやら私の思い描くゆるいイメージより、

現実的かつ具体的なもので、大体次のような感じのようです。

(本は借りたのですがまだ読んでおらず、先にちょっとネットで検索。)

 

林業は、木を植えてから収穫までに大変長い時間がかかる。

木が生長するまでに土が流れてしまったり、土地が枯れてしまったり

環境や生態系のバランスが崩れるなどの問題が出てくる。

何より、その間利益が出ない。

 

そこで、

木や果樹やその他作物の列を

交互に並べるような形で土地をデザインし、(同時に家畜を飼ったりも)

木が収穫できるようになるまでの間、

他の収穫物で収入つなげる、という経済的な側面と、

土壌や生物多様性などの環境的な側面の問題を一挙に解決する、というもの。

 

おもに、森林破壊や人口増加による食糧不足や貧困などが深刻化した地域

(アフリカや南米など)で行われているのが主なようですが、

日本などでも、伝統的な営みとして、似たたようなことは行われていたそう。

(山で木とほかの作物を混植して育てたり、山で家畜を買ったり)。

 

土地の数・人の数だけ、それぞれのアグロフォレストリーがあるという程で、

その組み合わせや目指すべきことなどはさまざま。

無限の可能性と楽しみがありそうです。

R0027627

・・・まずは借りた本を読むことにいたします。


- - - - - - - - - - - - -

 

 

さて、奥多摩からの帰り道、青梅・御岳駅近くの小さなお店に立ち寄りました。

R0027675


maunga』です。

美林ブログ でもご紹介済み)

中古の山道具、山衣装(この言葉は違うかも)のお店です。

自然に関する古本や、ビスコッティもありました。


高額なアウトドアグッズを中古で買えるのも嬉しいですし、

アウトドアに特化したリユースshopも少ないはず。


平日の
午後3時頃でしたが

所狭しと商品が並ぶ小さな店内には、

アウトドア好きのおじさま方が次から次へご来店。

R0027678

賑わっていました。


- - - - - - - - - -



事務所はまだまだ寒々しいですが

徐々に日照時間が延びてきた軒先では、

R0027636

福寿草が。

それでは良い午後をお過ごしください。

 

« 枝打ち | トップページ | 古民家×東京チェンソーズ »

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1361713/69521090

この記事へのトラックバック一覧です: 魅惑のアグロフォレストリー:

« 枝打ち | トップページ | 古民家×東京チェンソーズ »