« 2015年7月 | トップページ | 2016年9月 »

2015年8月

2015年8月13日 (木)

新人の日常・その2

こんにちは、福島です。

 

またしてもブログをサボってしまいました。

文系出身ですが、書きものは苦手です。

 

Obento

事務所の縁側でお弁当箱を乾かしている図。

 

あまりにも筆(指)が進まない福島に、

「ブログのヒントにどうぞ」と木田さんが写真を送ってきてくれました。

 

が、このヒントをどう活かせばよいのかわかりませんでした。泣

木田さん、ごめんなさいm(_ _)m

 

 

さて。

前回はいきなりネタに困り、

血迷って事務所にクマを連れ込んでしまいましたが、

今回は事務所の外でのお仕事について書いてみようと思います。

 

先日、とある団体様から檜原の木で積み木を作ってほしいというご依頼があり、

奥多摩にある家具工房の片隅をお借りして作ってまいりました。

作る・・・というよりひたすら切る作業ですが。

 

昇降盤という機械で材料の巾を決め、

横切盤という機械で長さを切ります。

 

Shokoban

こちらが世にも恐ろしい昇降盤。

 

木工機械の中で一番危険な機械と言われています。

スイッチを入れた瞬間の「シュウィーン」という殺人的な音は何とも言えません。

 

作業中、刃物に直接手が触れて○○が××××こともありますし、

切断中の材料が高速回転する刃物に触れて弾かれ、

作業者の身体を直撃して◎▲□※!なんてことも。

(詳細はご想像にお任せしますm(_ _)m)

 

そんなわけで、できれば半径1m以内に近づきたくない代物なのですが、

使う必要があるときは心を無にして臨んでおります(・_・)

 

ちなみに、林業機械では手袋必須ですが、木工機械では基本NGです。

高速回転する刃物に巻き込まれたら・・・きっと大惨事になることでしょう。

 

 

今回お借りした工房(注文家具工房エミケン)の主、ケンさん。

Kensan

と、愛犬ビー造。

 

 

Tool

整然と並ぶ工具類。

 

 

Gallery

おいしい珈琲をいただける(かもしれない)ギャラリー。

 

 

Chabudai

ケンさんの素敵な作品たち。

 

 

写真でもおわかりいただけると思いますが、

この工房(兼自宅)はほんっっとーに素敵な場所で、

「田舎なんていやだぁー」と奥多摩を飛び出した私は、

恥ずかしいくらい地元の魅力を知らなかったなぁ。

ということに気づかされます。

 

 

工房の目の前は川!

River_01

 

 

おぼれている人!!

River_02

 

 

ではありませんでした。消防署の訓練だそうです。

River_03

 

River_04

なんだか楽しそうです。

 

 

そういえば、仕事とはあまり関係ありませんが、

奥多摩で地ビールを作ろうとしている方々がいるそうで、

たまたまそのビール職人さん(?)がケンさんに会いに来ていました。

そして、ケンさんはそのお二人を連れてカヌーの旅に出かけて行きました。

お仕事の合間にカヌー。憧れます。

 

おいしいビール、楽しみですね(^m^)