沖倉日記(2014/7-2015/3)

2015年3月25日 (水)

道づくり

おはようございます!スギ花粉から解放されてうかれていたところ、伐採時にスギから大量の花粉が舞いあがりました。くしゃみが止まりませんでした(笑)

先日、ある山の現場に作業道を作ってきました。最初は何もなかった、場所に道が出来ると管理されている山なんだなぁと思いました。

使っている道具は、トンガというもので鍬(クワ)のような道具です。これひとつで作り上げます。作業道ですから、人が通れるくらいでいいのです。

だんだん作業に慣れてくると、スピードも上がりつくる距離も増えました。

道は、幅が決まっており、山ですので傾斜があり道の谷側を気持ち高く土を盛ることで歩きやすくなります。

Miti


沖倉

2015年3月18日 (水)

洗車ァ!

おはようございます!もう少しでスギ花粉のピークが過ぎますかね?!

先週末、地元の機械屋さんにてこんなものを購入してきました。

Sensya2


高圧洗浄機です。さっそく、洗車をしました。お店の方に説明を受けましたが、水の出が悪くこの機械はもしや・・・と思いました。説明書を良く見てみたら、本来正しい位置にある部品がズレていたため、水圧が安定しなくなっていたことが原因でした。

正しくセットしたことで、水圧が安定し普通に使えました。

*実際に使ってみて、水圧が強く(車の塗装は剥がれないので大丈夫です)キレイに洗車が出来ました。上の写真にある、緑色のホースも付属品で付いてきました。スチールなら、オレンジ色と思いましたが、そこは緑色なんですね。

この機械の重さですが、はっきり言って重たいなと思いました。エアーや水を貯めるタンクが内蔵してあるのでその点はしょうがないのかな?

Sensya3


この前洗車したばかりなのに泥んこになり、雨の中洗車しました。

Snsya5


楽なので、洗車がたのしくなりそうです。

沖倉

2015年3月11日 (水)

はっ、はっ、はっくしょーん!

おはようございます!ふざけたタイトルでごめんなさい。

ついに、花粉が非常に多く飛び始めました^^;

毎年この時期は、花粉症(スギ花粉)の僕にとってイヤになります。

くしゃみの飛沫は、数メートル飛ぶみたいです。マスク・ティッシュなどで覆っていれば、飛び散りませんが。

ひどい時は、一日でティッシュの箱がなくなりました。←こうなる前に耳鼻科に行きましょう。

さっそく、先週末耳鼻科へ。やはり、この時期だったのでゲキ混みでした。

あまり、薬には頼りたくはないのですが、我慢してても二次症状が出てくるのでいきました。

鼻が詰まると粘膜が膨張して、ご飯を食べるのも寝るのもつらいです。

ですが、かなり楽になりました。

Kahunn
この時期の山は赤く染まり(木が緑から赤なると花粉が飛び始めるサイン?!)、花粉が飛び始めます。強風が吹いて、山を良くみると白い煙のようなもの浮遊しています。

これこそが、花粉です。見ただけで、くしゃみ・目がかゆくなります(笑)

家に、少しでも持ち帰らないようにしている対策は

・玄関の前で服をはたく。(はたくことで花粉が取れているのかは不明。)

・濡れたタオルで髪の毛を拭く。(花粉の多くは髪の毛にくっついているそうです。)

・すぐに、シャワーや風呂に入る。

僕は、この三つを徹底してます。

皆さんはどのような対策しているのですかね。

僕はあと、4週間弱ぐらいでスギ花粉がおさまるので何とか耐えるのみです!

沖倉

2015年3月 4日 (水)

トレーニング(^o^)/

おはようございます!目や鼻がヒドイです。毎年のことですが、雨の次の日の花粉にお手上げです(*_*)

約半年前くらいから、ジムでトレーニングをしています。普段山で仕事しているのになぜ?

最初の頃は毎度筋肉痛でした。現場はいろいろありますが、現場までの山登りが非常にきつかったりしました。体力をもっと上げたいと思いで始めたのが、ジムでのトレーニングです。

たいていは、週末や雨で現場が休みの時に行ってます。回数で言うと、週1,2くらいです。

ジムには、腹筋、背筋、腕、足など鍛えるマシンがあります。僕は、体力・腕力向上と腹をへっ込ませたいので、走ったり、腕・足を鍛えてます。

仕事終わりで、きつくない?と思われそうですが、正直かなりきついです(笑)

また、職場の先輩や同期の方と一緒に行っているので、ここまで続けてこれたのかなと思います。一人だとどこかで挫折していたと思います。

約半年くらい経って、だいぶ筋力が向上し体重が減ったり増えたりしています。これらは、仕事とトレーニングのおかげだと思います。筋肉は脂肪より重いため、体重が減って増えてってことは、筋肉が増えたということですかね(笑)

これからも、続けて仕事に役立てたいです。

沖倉

2015年2月25日 (水)

玉掛け講習へ行ってます

おはようございます!暖かくなったり、寒くなったりで体調を崩しやすい季節になりました。また、花粉も飛び始めているみたいですね。この季節は、あまり好きではありません。

今回は、木工作品から離れて今学んでいる玉掛け講習のご紹介。まさに、講習期間中でございます。林業には、欠かせない資格。玉掛けがなぜ、資格が必要なのか疑問に思っていましたが、この講習で理解出来ました。ほとんどの、玉掛け作業中の作業者の事故は無資格で、「自分は大丈夫」という変な自信をもっているそうです。玉掛け作業者は、合図者の指示に従って作業をしなくてはならなく、どこが危険なのかも理解が必要です。

Tamakake


明日で最終日で実技が始まります。指さし呼称で合図をしたりするので、相手に分かりやすく伝えられるように学んできます。

沖倉

2015年2月18日 (水)

木工作品⑤完成編

皆様、お久しぶりです!少し間があいてしまいましたが、再開します。

小物入れが完成しました。元々は小径木といって材として取れないもの、薪にしかならないものをどうにか作品(もの)にならないかということで、今回は「小物入れ」をつくりました。

Kakou


「筆箱型」の小物入れを加工しています。最初は、仕切りを入れない案でしたが、仕切りを入れたところ筆箱のようになりました。これはこれでおもしろいかもw

Kansei1


さて、これで完成です。まず、蓋を閉めた状態。

蓋は、木ビスによって固定しています。見た目は「木」そのまんま。

※大きさが分かりにくかったですね。何かと比較すればよかったと反省。高さは、ペットボトル500mlのちょい低めな感じです。

Kansei2

蓋を開けてた状態。左が「筆箱型」小物入れ。右が「8角形」小物入れ。

出来栄えとしては、かなり良かったと思います。でも、小物入れとしては重たいのかなと思います。
以上、小物入れの紹介でした。

沖倉

2015年1月14日 (水)

木工作品⑤加工編

おはようございます!だんだん、日が伸びてきた気がします( ̄ー ̄)ニヤリ

さて、前回はやっと形になりました。今回は、それらを仕上げていく様子をご説明します。

まず、小物入れの内側の粗い部分を電動彫刻刀を使い仕上げます。

Photo


手加工でやろうと思いましたが、よりキレイに仕上げるために工具を使いました。電動の彫刻刀は初めてながら簡単に出来ました。やはり、工具は凄い!!

次に、ふたを固定するための木ビスづくり。樫の木を使用し、グラインダーで加工していきました。

Photo_2


大きさを均等にすることが難しく感じました(^-^;だんだん完成が見えてきました!

沖倉

2015年1月 7日 (水)

木工作品④加工編

あけましておめでとうございます!おはようございます!

私は毎年、年末年始は、忙しく過ごしています。

さて、今回はいよいよ形が見えてきます。

先週、輪切りにしたものを角のみ盤(よりキレイに仕上げるため機械を使用)を使い、くり抜いていきました。

106


1061


機械のほうが、キレイに仕上がるし楽に加工が出来ますね。細かい加工は、手加工で行います。

1062

あまり、時間がかからず出来ました。左側の小物入れが筆箱のようになってしまいました。ども、良い感じで加工を終えたので満足です。

沖倉

2014年12月31日 (水)

木工作品③加工編

おはようございます!今年も今日で最後ですね。まだ、個人的ですが大掃除が終わっていません。

さて、この前の続きで加工について、紹介していきます。

木材の周りのキズを無くすのに、グラインダーをかけます。

Photo


そして、ノコギリで真っふたつに切って、グラインダーで手直し。

ノコギリで切るのは、大変でした。機械でやればよかった^^;

Photo_2

Photo_3


ここから、いよいよ形にしてきます。

次回は、どんなものが出来上がるか見えてくるでしょう。

それではみなさま、よいお年を!

2014年12月24日 (水)

木工作品③準備&加工編

おはようございます!クリスマスはどうお過ごしでしょうか?町のイルミネーションはキレイですよね。

さてやってまいりました、木工作品コーナー!

今回は、小径木を何か利用できないかな?と考えていまして本来なら材としては使えない小径木を利用して木工をしました。

薪になるところをひと手間加えて、作品や日常で使えるものにする、実験的な感じでつくりました。

Photo_3


ここから、なるべく形を変えずに作品にしたいと考えました。

まずは、輪切りにして「小物入れ」でも作ろうかと、ふと思いつきました。

Photo_4

「小物入れ」は2種類。縦型・横型。2種類ともにフタ付きとする。

接着材・ビスの使用は無し。でつくります。

Photo_5

次回は、加工編へいきます。

沖倉





より以前の記事一覧