« つるかご作り後編とジビエとSHIBUYA PARK CAFEの話 | トップページ | 植栽の春がきた! »

2014年4月17日 (木)

アイデンティティと鳥瞰と

おはようございます!おおつかです。



青梅柚木町(ゆぎまち)の植栽現場から。町を一望できます。

さて、先週のブログ
「東京の林業会社だからできることウンヌンカンヌン…」
と言いましたが、社名からもわかるとおり、わたしたち東京チェンソーズは、
所在地が「東京」であることが、大きなアイデンティティだと考えています。(と、大塚は理解しています…)

私自身、チェンソーズのことを知るまでは、檜原村の存在も知らなかったのですが(^-^;
今では、空が青いのと同じくらい、檜原村が東京であることを当たり前に思っていました。

ところが、皆さんはご存じだったでしょうか?
歴史が一歩ちがっていたら「神奈川チェンソーズ」や「多摩チェンソーズ」、はたまた「武蔵チェンソーズ」だったかもしれない・・・!!ということを!

***
明治初年の「府藩県三治制」の際は韮山県とされた檜原村ですが、明治4年の廃藩置県により、入間県に属することになりました。


しかし外国人遊歩地(外国人が自由に外出できる地区)を管轄する関係で、東京府・入間県に属するはずだった多摩郡は、東の一部を除き、神奈川県に引き渡されることに。

明治11年に制定された「群区町村編制法」により、群域の広い多摩郡は、
以下のように分轄されました。
・東京府に属する部分→東多摩郡(→のちに南豊島郡と合併して「豊多摩郡」へ)
・神奈川県に属する部分→北多摩郡、南多摩郡、西多摩郡

明治22年に町村制が施行され、三多摩郡は6町85村になりました。この「明治の大合併」のときに檜原村も法人格をもつ、いわゆる「村」としてのスタートを切りました。つまりこのときは「神奈川県西多摩郡檜原村」だったわけです。


ところが明治26年、神奈川県とされた北多摩、南多摩、西多摩郡が、ともに東京府へ移管され、ここから「東京都西多摩郡檜原村」の歴史が始まりました。

なぜ移管されたかというと、東京市の水道改良のためには、この三多摩の水源涵養保護と森林濫伐の取り締まりが必要、といったことが挙げられたそうです。裏にはいろいろな理由があったとも言われていますが…
このときは西多摩郡、南多摩郡を中心に大きな反対があったそうです。

下記は三多摩市町村の移り変わりの様子です。見づらくてすみません(;д;)








明治26年当時の地方自治体は7町84村!
それから120年間が経ち、現在は26市3町1村。
ほんと、変わったニャ~!って言いたくもなるよね。
そして安定の檜原村(◎´∀`)ノ

恥ずかしながら、ワタクシ東京に26も市があるなんて知らなかったです…
I市やK市の皆さんごめんなさいm(_ _)m

今回は一部Wiki情報と、主にはこちらの冊子を参照しました。日頃青梅などの現場も行くので、いろいろな地名があって非常に興味深かった!




中でも面白かったのが、都政編入問題のさなかで出てきた、八王子市を県庁に置いた「武蔵県」構想や、立川を県庁とした「多摩県」構想といった話です。

つまり、檜原は
・韮山県(一瞬)→入間県(一瞬)→神奈川県(25年くらい)→東京府→東京都(1943~)
と変遷してきているのですが、これが「→武蔵県」や「→多摩県」だったかもしれないということ!

世の中、当たり前に思っていることも、歴史をさかのぼってみると過去の積み重ねの賜物なのだなーとしみじみ思います。

***
冒頭の初春の街を見ながら、一緒に植え付けをしているシルバーさんがぽつり。
「この辺だって、50年前にゃなーんにもなかっただよ。家が2軒か3軒あるぐらいのもんだったよ」
そおおおかーーーー。さすが70年以上生きておられる方の言葉は、重みがある。

林業をやっていると、30年、50年といったスパンが当たり前になってくる。
いま植えている木が大きくなるころには、また街の景色がガラリと変わっていたって、ちっとも不思議じゃない。
諸行無常というのかもしれませんが、悲観的な意味でもなく、
こんな風にゆったり考えると、いまの悩みや失敗も、ちっぽけに思えてくる、、気がします。

現場に出ると気分がスッキリするのは、単純に体力仕事で汗をかくからもあるだろうけど、何十年先を考えるからもあるのかもしれないな。
とそんなふうなことを思えるのは、林業という仕事の特権でしょうか(・∀・)


担当:おおつか

« つるかご作り後編とジビエとSHIBUYA PARK CAFEの話 | トップページ | 植栽の春がきた! »

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1361713/55802494

この記事へのトラックバック一覧です: アイデンティティと鳥瞰と:

« つるかご作り後編とジビエとSHIBUYA PARK CAFEの話 | トップページ | 植栽の春がきた! »