« つるかご作り@都民の森(前編) | トップページ | アイデンティティと鳥瞰と »

2014年4月10日 (木)

つるかご作り後編とジビエとSHIBUYA PARK CAFEの話

おはようございます!大塚です。

ずいぶん欲張りなタイトルでございますが、公式新人ブログも、残すところ3回!となったので、詰め込んでみました(笑)

***
まず、前回の続き、つるかご完成です。





見本は円柱のハズだったんですが…なかなか味のある形に仕上がりました…(^_^;)
初心者はどうしても上がすぼまりがちなのだそうです。。。
なるべく色の違うツルを重ねて、デザインぽくしたのがコダワリ( ´ ω ` )ノ

余ったツルをいただいてきたので、ヒマを見つけてフタも作りたいなー!

ところで、間伐現場は特にツルなんてたくさんあるし、林業やっていれば片手間でツル収集もできるだろうと思っていたのですが、そんなワケではないみたいです。
木に巻きついてるツルは太いし癖がついてしまって、加工には向かないので、地面を這っている部分が適材なんだそう。
しかし、檜原では数年前から間伐が盛んになってきたせいか、ツルが生えなくなってきたそうです。

…って、林業の弊害がまさかこんなところに!!(T ^ T)
確かにツルは木の成長を阻害するので、見つけたそばからなるべく切るようにしてます(・・;)
なんかすいません!でも切るけど!!(笑)

というわけで、副職「つるかご職人」の道はなかなか険しいという結論に達しました。<完>

***
その2:ジビエとSHIBUYA PARK CAFE

皆さんSHIBUYA PARK CAFEってご存知ですか?
用事があって、珍しく平日休みをいただき、久しぶりに渋谷の町を歩いていて偶然出会いました。





障害者就労支援プロジェクトをいろいろ手がけている団体だそう。私が出会ったのは、宮下公園の近くに停車中の、緑と茶色のトヨタデリバリーからなる移動カフェ!

どうせ腹を満たすなら、どうせお金を払うなら、
よくわかんない添加物だらけの○ックとかより、こういうほうが気分が良い。
(もちろんたまにはムショーに食べたくなるときもありますが 笑)

しかもここで提供されていたのが、林業マンなら要チェック!?の国産ジビエ!(※そうじゃないのもあります)
日本ジビエ振興協議会さまと手を組んでいるようです。

なんてアツいんだ!障害者支援×獣害対策→ソーシャルビジネス!!
鹿肉ソーセージカレー、本当にとても美味しかったです(≧∇≦)

「渋谷」という土地だからこそ成り立つものでもあるんだろう。
もちろん競合する飲食店は山ほどあるけど、関心を持つ「お客さま」も山ほどいるから。

そう、チェンソーズも同じで、「東京」という、感度が高くて日本一の消費地が近いからこそ、できることがきっとあるはず。

うひひ!オマケに、好きな言葉です↓



なんだか強気で勝ち気な人間に見えるかもしれませんが、ポジティブ思考が得意なことは確かです。

それもこれも、応援してくれたり、共感してくださる皆様や周りのおかげ。

感謝の気持ちを第一に。

これからもどうぞよろしくお願いいたします!

担当:オオツカ

« つるかご作り@都民の森(前編) | トップページ | アイデンティティと鳥瞰と »

コメント

こんにちは。
またまた画像が見られないのが残念です…
人工林には蔓は邪魔者ですが、天然林では多種多様な植物が共生してます。
生産する山林と生態系の為に残す山林と上手くバランスが取れれば、野生動物との共生も…
現実はなかなか難しいですね…
北海道もエゾシカやヒグマの被害が深刻です。

何でもバランスが崩れてしまうと管理しなければならないですけど、人材も予算も限られてしまうんですよね。
籠だけじゃなくマルチに色々な事が出来る方が良いと思いますよ。

岡田牧場さま

こんにちは!なんで見られないのでしょう…(ノ_-。)
こちらでも鹿被害が徐々に深刻になってきています。
難しい問題ですが、やっぱり今の社会情勢に見合った管理が必要ですよね。
つるかご作り以外にも、なんでもできるようになりたいです(◎´∀`)ノ

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1361713/55668422

この記事へのトラックバック一覧です: つるかご作り後編とジビエとSHIBUYA PARK CAFEの話:

« つるかご作り@都民の森(前編) | トップページ | アイデンティティと鳥瞰と »