« 冬の装い~VS雪編 | トップページ | 伐採月間! »

2014年3月 6日 (木)

Books

おはようございます!大塚です。

今日は私の愛読書を紹介します!どーん!



…ちょっと盛ってます。でも「道具と技」はすごく勉強になります!
Vol.9には私の尊敬するK師匠も載ってます( ´艸`)

私は基本的に本に関してはわりと雑食なのでなんでも読みますが、好きなのは西加奈子さんとか、久保寺健彦さんとか、瀬尾まいこさんとか、そういう感じです。

で、思い返してみたら、今の自分のベースになっているんじゃないかと思われる絵
本がありましたので、ご紹介します。

①「木を植えた男
ジャン ジオノ著、フレデリック バック イラスト

荒野に木を植えて、緑の森を蘇らせた男のお話。ノンフィクションぽいですが、これはフィクションだそう。でもどっちだっていい。

この絵本で感じた一番は、木の「治山治水」パワー(当時はそんな言葉知らなかったですが…)
健全な森、木、緑があって初めて、人間の暮らしは始まるんだなということ。
それが自分の原点のような気もします。

考えてみれば、林業(≒木材利用)と治山治水は、ある意味対立しています。
木材利用に傾けば、戦後一時期の日本のように、はげ山になり、土壌が流れて、治山効果は減ります。

今私が個人的に思う理想の林業は、治山治水効果を保ちつつ、カネになる部分は活用するような林業。別の言い方をすれば、「持続可能な林業」。
森林の土台である山(≒水源=人間の生活基盤)も守りつつ、儲けのある林業。
儲からなかったら続かないですからね!

もう一つ印象に残ってるのは、この主人公は独学でその土地にあった樹種を研究し、森林官もうならせるほどの育苗技術を身に着けたというエピソード。
これこそ「現場主義」?こんな生き方、超カッコいい!!


②「おおきな木
シェル・シルヴァスタイン著

最近、村上春樹訳バージョンが出たらしいですが、たぶん私が読んだのはほんだきんいちろう翻訳のほうです。
この場合の「木」っていうのは、もしかしたら比喩なのかもしれませんが、でも、木ってとにかく善いものなんだなあと幼心は単純に理解をしたような気がします。
もう、とにかくいい本!


同じ著者の、「ぼくを探しに」と、「続・ぼくを探しに ビッグ・オーとの出会い」もすごく深くて素敵な絵本です。ぜひ見てみてください(≧ω≦)


●おまけ●

とある休日、あきる野市中央図書館へ!
図書館はタダだし座れるしあったかいし涼しいし、非常に良いですよね!
私は都内で5回引っ越ししてますが、各在住&在学市区の図書館カードをまだ持ってます(゚∀゚)



中央図書館二階の雑誌コーナー。右下に注目!!



林業関係者はお馴染み「現代林業」、と「現代農業」が鎮座しております。
さすがあきる野市!
「現代農業」はふだん接する機会がないのですが、意外と勉強になるらしいです(木田さん談)
この日は時間がなかったですが、今度じっくり読んでみようと思います(◎´∀`)ノ

担当:おおつか

« 冬の装い~VS雪編 | トップページ | 伐採月間! »

コメント

コメントへの返事
ありがとうございました!

4年程前Facebookやりだしましたが当時まだ知名度も低かったのとやりたい事、やって置きたいこと優先するとある時からそれらがmustになってしまいアカウント削除し、そのうち×2のままです(^-^;
Twitterは観覧用になりました。

番組の反響も沢山だったようですね。
小さな範囲の中でも賛否は両論で大きく取り上げれればそれも大きいですね。
否定的な意見の中にも正論もきっとあり、いち意見だなぁと…。
でも身近な方達や大切な人達で協力や理解者、チャンスと可能性がある限りはもったいないし、志しがある人なら尚さらです。がむしゃらになれるものがあるのは人生も楽しいですよね。

メディアに出たのは森林や木に携わってない人達にも、実は生活の中で大きく関わっている事を知ってもらえるチャンスです。

不安や焦りもあるかもですが結果は出た時考えればいいですもんね。

前回含め大塚さんのブログのコメントと言うよりメッセージ的ですねm(__)m
ブログの道具関連ですが意外なとこ(店)で仕事の時使える物を発見するとテンション上がります!
載せてた写真の本、私も待ってるものありました。
山に関係する番組を録画保存してるのですが砂漠化した土地に植林し、面積も増やせている日本人の方がみえました。

チェンソーズさんのHP拝見させていただきました。見ごたえありました。
産業としての自立…目指したいですね(^^)

谷倉様、コメント、もといメッセージありがとうございます!!
林業の既成概念に囚われない、チェンソーズらしいやり方で、自立できるようにメンバー一同頑張っているところです。
不安や焦りはあまり自分では意識していないですが、怪我だけはしないように用心しています(>_<)
これからも東京チェンソーズをよろしくお願いします!

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1361713/55236726

この記事へのトラックバック一覧です: Books:

« 冬の装い~VS雪編 | トップページ | 伐採月間! »