« つれづれなるままに(新年編) | トップページ | 檜原小学校にゆく!~前編 »

2014年1月23日 (木)

檜原小学校にゆく!~予告編

おはようございます!おおつかです。

前回、尊敬する人として嵯峨生馬さんをご紹介しましたが、
手前みそながら、うちの青木社長もとても尊敬してますよー!(ヨイショじゃありませんw)

同じくものすごくパワーを感じる若手社長として、勝手に尊敬&応援しているのが、
合同会社 五穀豊穣の西居豊さん(゚∀゚)

2年前くらいからgreenbirdさんのご縁で知り合いになったのですが、地域活性化のコンサルタントとして、全国各地を文字通り飛び回っている、とても面白い兄さんです!

そんな兄やんが今とくに力を入れて取り組んでいるのが、学校給食改善プロジェクト!
いつもFacebook、Twitterを興味深く拝見しています。

・人を良くすると書いて、「食」
・地域への直接的な活性化が外科手術なら、学校給食や食育や教育の拡充は地域活性化の予防治療

兄さん、イイコト言うなあ…


西居さんとは秋川で一緒に畑作業してました。採れたてモロコシ激旨!

さて、なんでいきなりそんな話かというと、チェンソーズの地元、檜原村で作っている“すずの大豆”という在来種の大豆が、檜原小学校の給食で採用になったそうなのです!
という話をしたかったのです。前置きながい(ノ_-)

私は最近、檜原在勤ということで村の「まっこの会」にお仲間入りさせていただきました!

もともと会社としても「東京ひのはら協議会」に参加・協力しているのですが、協議会の部会である「まっこの会」は、「
暮らしの智恵と創意工夫を通じて、檜原村の食文化を様々に見直し、広く伝えてゆくことで、食といのちを考えること」を目的としているそうです。
ちなみにまっことは、檜原村の言葉で囲炉裏の枠を意味するんだとか。

それで、今回の「地元大豆を給食に導入プロジェクト」は、まっこの会が推進したもので、大塚は新参者のくせに「まっこの会」の一員として、その給食を視察しに檜原小学校へお邪魔する予定なのです!!

今回は予告篇!本編はきっと来週ご報告できると思います(◎´∀`)ノ
乞うご期待!

***

ちなみについでに宣伝~!!
その「まっこの会」で作っている「ゆずジャム」と「ナツハゼジャム」を、2/2(日)の、払沢の滝冬まつり内、ほっこり市で販売する予定です!

お近くでお暇な方は、寒いとは思いますが、ぜひ遊びにいらしてくださいo(*^▽^*)o



担当:おおつか

« つれづれなるままに(新年編) | トップページ | 檜原小学校にゆく!~前編 »

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1361713/54706866

この記事へのトラックバック一覧です: 檜原小学校にゆく!~予告編:

« つれづれなるままに(新年編) | トップページ | 檜原小学校にゆく!~前編 »