2015年8月13日 (木)

新人の日常・その2

こんにちは、福島です。

 

またしてもブログをサボってしまいました。

文系出身ですが、書きものは苦手です。

 

Obento

事務所の縁側でお弁当箱を乾かしている図。

 

あまりにも筆(指)が進まない福島に、

「ブログのヒントにどうぞ」と木田さんが写真を送ってきてくれました。

 

が、このヒントをどう活かせばよいのかわかりませんでした。泣

木田さん、ごめんなさいm(_ _)m

 

 

さて。

前回はいきなりネタに困り、

血迷って事務所にクマを連れ込んでしまいましたが、

今回は事務所の外でのお仕事について書いてみようと思います。

 

先日、とある団体様から檜原の木で積み木を作ってほしいというご依頼があり、

奥多摩にある家具工房の片隅をお借りして作ってまいりました。

作る・・・というよりひたすら切る作業ですが。

 

昇降盤という機械で材料の巾を決め、

横切盤という機械で長さを切ります。

 

Shokoban

こちらが世にも恐ろしい昇降盤。

 

木工機械の中で一番危険な機械と言われています。

スイッチを入れた瞬間の「シュウィーン」という殺人的な音は何とも言えません。

 

作業中、刃物に直接手が触れて○○が××××こともありますし、

切断中の材料が高速回転する刃物に触れて弾かれ、

作業者の身体を直撃して◎▲□※!なんてことも。

(詳細はご想像にお任せしますm(_ _)m)

 

そんなわけで、できれば半径1m以内に近づきたくない代物なのですが、

使う必要があるときは心を無にして臨んでおります(・_・)

 

ちなみに、林業機械では手袋必須ですが、木工機械では基本NGです。

高速回転する刃物に巻き込まれたら・・・きっと大惨事になることでしょう。

 

 

今回お借りした工房(注文家具工房エミケン)の主、ケンさん。

Kensan

と、愛犬ビー造。

 

 

Tool

整然と並ぶ工具類。

 

 

Gallery

おいしい珈琲をいただける(かもしれない)ギャラリー。

 

 

Chabudai

ケンさんの素敵な作品たち。

 

 

写真でもおわかりいただけると思いますが、

この工房(兼自宅)はほんっっとーに素敵な場所で、

「田舎なんていやだぁー」と奥多摩を飛び出した私は、

恥ずかしいくらい地元の魅力を知らなかったなぁ。

ということに気づかされます。

 

 

工房の目の前は川!

River_01

 

 

おぼれている人!!

River_02

 

 

ではありませんでした。消防署の訓練だそうです。

River_03

 

River_04

なんだか楽しそうです。

 

 

そういえば、仕事とはあまり関係ありませんが、

奥多摩で地ビールを作ろうとしている方々がいるそうで、

たまたまそのビール職人さん(?)がケンさんに会いに来ていました。

そして、ケンさんはそのお二人を連れてカヌーの旅に出かけて行きました。

お仕事の合間にカヌー。憧れます。

 

おいしいビール、楽しみですね(^m^)

 

 

2015年7月13日 (月)

新人の日常

こんにちは、福島です。



ここのところいろいろな出来事があり、

なかなか更新ができないまま7月に入ってしまいました。



今日も弊社事務所のある檜原村・時坂エリアは

そよそよと気持ちのいい風が吹いています。



さて、今回は私の仕事について少しお話ししたいと思います。




東京
チェンソーズという会社に就職したということで、

どうやら友人にも勘違いをされているようなのですが、

残念ながら私はチェンソーを操る人ではありません。



ノコギリやノミ、カンナなどは少々操ります。

ですが、今のところ出番はないようです。




では、一体何をしているのかというと、



日々発生する事務作業をしたりだとか、

ときどき発生する木工作業をしたりだとか、

新規事業の企画をしたりだとか、

ホームページを作るお手伝いをしたりだとか、

なんだかいろいろやっております。




平均すると9割がた事務所におりますでしょうか。


いつもの事務所風景 ↓


Jimusho_3


がらーん。



誰もいません。



鼻歌うたい放題です。



最近は、TVドラマ『深夜食堂』の主題歌がお気に入りです。

(※『深夜食堂』:地味に社内で流行っている昭和感たっぷりの人情ドラマ)


とっても大好きな曲なのですが、

哀しいような、懐かしいような、このメロディーを口ずさむと、

ただでさえ寂しい事務所作業が余計に寂しくなります。




そんなわけで!


Kuma_01_3


クマ。


檜原村といえば森。


森といえばクマです。



普段は事務所にはお呼びしませんが、

今日は特別に来てもらいました。


いつもは車の助手席に座っていただいています。


隣にクマがいれば、道を譲ってもらえる確率も高まるでしょうし、

いざとなったらエアバッグのように守ってくれるに違いありません。


ひとりぼっちの事務所では、防犯効果もありそうです


Kuma_02_2


さあ、今週もがんばっていきましょう!




P.S. こちらは昼休みの一コマであり、決して仕事をサボって遊んでいるわけではありませんm(_ _)m



2015年6月23日 (火)

相棒

こんにちは、福島です。


突然ですが、私は徒歩と公共交通機関をこよなく愛しています。

環境に優しく、健康的で、維持費がかかりません。

寝不足のときでも、体調不良のときでも、お酒を飲んだときでも、安心して移動することができます。



ですが、ここは檜原村。

最寄り駅から事務所までは徒歩2時間強。毎日がハイキングです。

バスに乗れば往復1000円弱の出費。

おそらく車以外の手段で通勤する人はいないのでしょう。



事務所で向かいの席に座っている先輩からも日に日にプレッシャーがかかります。



「福島さん、車、何にしたんだっけ?」




「福島さん、で、車いつ来るの?」




「福島さん、今月から通勤手当はガソリン代でいいよね?」





そんなわけで、今週からマイカーで通勤する羽目ことになりました。


今日はその相棒を紹介したいと思います。(なんだかいきなり仕事の話じゃなくてごめんなさいm(_ _)m)




じゃん!

Figaro_01_3

日産フィガロ。1991年生まれ。

フィガ郎(ろう)と呼んでください。




Figaro_02

後ろ姿。



Figaro_03

ワイルドな社用車たちにはまだ馴染めていないようです。



以前、兄から「お前が運転免許を持ってるのって、天国行きの切符を持ってるのと同じだよな」と言われたことがありました。


私の運転する社用車に乗った青木さんは、「リアルに恐怖を感じた」とみなさんに触れ回っていらっしゃいました。


でも、そんな汚名とはもうさようならです。


週末にはペーパードライバー講習も受け、マイカー生活は意外と順調に滑り出しました。




檜原村でフィガ郎を見かけた
ドライバーのみなさま、

どうかお煽りにならないようお願い申し上げますm(_ _)m


Car



2015年6月15日 (月)

はじめまして、福島です。

はじめまして、福島理可と申します。


一昨年の冬に植えつけのアルバイトでお世話になり、1年ちょっとの不定期アルバイトを経て、4月1日に入社しました。


さっそくですが、簡単に自己紹介をさせてください。

*****


東京都奥多摩町出身。インドア族ひきこもり科。


実家が林業を営んでいたため、林業は身近な存在ではあったものの、山や木にはまったく興味を抱くことなく育つ。


子どもの頃の夢は漫画家で、部屋の片隅でらくがき帳を広げて漫画もどきを描くのが至福の喜びでした。(ちなみに、描き上げた漫画はたったの1作。母が100円で買ってくれました)


高校生のときに、自分には漫画家になる素質がないことにようやく気づき、大学に進学。オーケストラサークルに入り、音楽三昧の日々を送る。


大学卒業後、インドアな仕事に就き、インドアな趣味も増え、あいかわらずインドア生活を満喫していたが、とある出来事(のちのブログにて)をきっかけに実家の山や木について突然真剣に考え始める。

林業本を読んだり、森林ボランティアに参加しながら勉強しているうちに、東京チェンソーズの存在を知る。(チェンソーズのことを教えてくれたのは意外にもオーケストラ仲間でした)


その半年後くらいに、チェンソーズが期間限定のアルバイトを募集していることを知り、応募条件(施業地の近くに住んでいる人、体力に自身がある人)にひとつも当てはまらなかったが、当たって砕けろで応募してみる。運良く採用していただく。

毎日ヘトヘトになりながらも自然の中で働く楽しさを知る。木を生かしたいという気持ちがより強くなる。


翌春、職業訓練校の木工技術科に入学。1年間、家具製作を中心に木材の加工技術を学ぶ。


3月に訓練校を卒業→翌4月に東京チェンソーズに入社。


*****

チェンソーズでは唯一の非現場要員なので、このブログでは林業会社の現場以外の日々を中心にお伝えしていければと思います。


どうぞよろしくお願いします。


Fukushima2015_1_2





2015年3月31日 (火)

ブログ終わります

今回で、僕の最後のブログです。

読んで下さった方はありがとうございました。

読み返してみると、一年間、いろいろな事をやったなあ、と思います。

こうして書いておかないと、すぐに何をやったか忘れてしまいますが。

一年前に比べ、成長したでしょうか。








1427706330249





今日の仕事は、吉田先輩の家の近くの現場だったので、駐車場をお借りしました。

家からこんな景色が臨めるなんて、素敵だと思いませんか。

ただし冬は雪に閉ざされたりするので大変そうです。





1427706311485





仕事終わり、吉田さんの奥さんに、お餅を頂きました。




1427706306261



頬張るメンバー。

美味しかったです。

ごちそうさま!



高田 朋

2015年3月25日 (水)

道づくり

おはようございます!スギ花粉から解放されてうかれていたところ、伐採時にスギから大量の花粉が舞いあがりました。くしゃみが止まりませんでした(笑)

先日、ある山の現場に作業道を作ってきました。最初は何もなかった、場所に道が出来ると管理されている山なんだなぁと思いました。

使っている道具は、トンガというもので鍬(クワ)のような道具です。これひとつで作り上げます。作業道ですから、人が通れるくらいでいいのです。

だんだん作業に慣れてくると、スピードも上がりつくる距離も増えました。

道は、幅が決まっており、山ですので傾斜があり道の谷側を気持ち高く土を盛ることで歩きやすくなります。

Miti


沖倉

2015年3月24日 (火)

みんなの森へ行ってきました

「みんなの森」という団体が、檜原村のご近所、東京都日の出町にあります。

活動をされている方たちとは、以前から交流させていただいておりました。
田んぼのやり方を教わったり、子どもキャンプに参加させてもらったり、イノシシ料理を食べに行ったり・・・。
今回は、毎週行っているという、森林整備の活動に参加させていただきました。
以前から、どのような森づくりをしているのか、興味があったのです。
今回、訪れたのは、「銀の森」。
他にも、「景観の森」「冒険の森」とあって、それぞれのコンセプトで森づくりをしているそうです。
1426412580066
山道を10分ほど上がったところで目の前が開けました。
今回の作業場所です。
長年かけて道を通し、今、ここまで来たところなのだそう。
着くと一番に、「ここをどういう山にしたいか」を話してくださいました。
ここは、50~60年前に針葉樹を皆伐した場所で、以来放置されてきたそうです。
今、生えている木々は、自生した樹なのです。
1426411830566
わずか50~60年で、人の手を加えずとも、これほどの大きな木が育つものなのか、と少しビックリ。
この場所は、いくつかの実を付ける樹だけ残して、他は伐るつもりだそうです。
代わりに果樹を植えて、果樹園にするのだそうです。
とは言っても、画一的な、畑のような果樹園ではなく、自然の木々の中に、さり気なく、柿や、ゆずや、夏みかんが植わっている、そんな場所になるみたいです。
果樹は苗を買うのにお金がかかるので、どんぐりも埋めるらしいです。
どんぐりなら、拾ってくれば、ただですね!
作業は、ゆったりと無理のないペースで進みました。
今日の仕事は、予め選んであった樹を伐り倒し、枝を払い、適当な長さに玉切って、邪魔にならない様に横にする、というものです。
切った枝葉の処理は、すごく丁寧にしていました。
はさみで丁寧に蔦を切って、細かくしたうえで一か所にまとめておきます。
一つ一つの作業を愛でる様です。
休憩の間は、どういう山にしたいか、いろいろなアイディアが活発に交わされます。
1426411811596_2
こちらは、メンバーの女性が、無農薬柚子で作ったゆべし。
僕もいただきました。
うまいです!
酒の肴によさそう。
ここいらでは、多すぎて時に捨てられてしまう柚子なのですが、勿体ないと思ってこのような商品化を考えているそうです。
そういうところからの発想、好きです。
1426412535970
この木は、今日、僕が伐らせていただきました。
今後、どういう場所になるのか、楽しみです。
高田 朋

2015年3月23日 (月)

梅の季節になりました

ここのところ経過報告がてら何度か会社に行っています。
まだ病院に頻繁に通っているので仕事をするには至っていませんが、それでも会社に行って最近の仕事の様子や出来事を聞くだけでも随分違います。

会社近くの社有林では4月末の東京美林倶楽部の植栽に向けちゃくちゃくと作業道が作られ、伐採した木の搬出が進んでいます。
現場に行く機会がめっきり減ったので、すぐに見に行けるところに社有林があるのは本当にありがたいです。

社有林での仕事を見てると、斜面を駆け回り、重いワイヤーを引き上げ、重機を操作し。
同じ職場の人とはいえ、これを一日中、そして数週間にわたって行っているのかと思うと凄い体力だと他人事のように感心してしまいます。

冬までは自分もこの中に入って作業していたのだと思うと悔しくもあり、動ける体が羨ましくもあり。
日に日に技術や体力を身につけているんだろうと思うと随分置いてかれてしまったなと思ったりして。

しかしあれも出来ない、これも出来ないと卑屈になっていても仕方がないので、
出来ることを見つけ、出来ないことを出来るようにしていかなければいけませんね!
けが人という立場に甘えているところが多分にあるので必死にならないと!
会社のブログに書くようなことではないかもしれませんが、
宣言しておかないとこのままボンヤリと過ごしてしまいそうなので。

Image

梅が満開です。
あちこちから梅の香りが漂ってきます。

加藤

2015年3月21日 (土)

ところ変われば

どうも、チェンソーズの日本語おじさんこと伏見です。

人の文章を見て誤字・脱字が有ったり、助詞の使い方を間違えたりしていると鋭い指摘を飛ばします。そして嫌がられます( ̄ー ̄)

チェンソーズに入って間もなく、そんな私の日本語センサーに引っ掛かった表現が有りました。

「この木は、こっちに倒すようだね。」

ん?

「ここはもう一回刈るようだね。」

んん?

「これはここに置いとくようでしょ。」

んんん?

なにかが、おかしい。関西の方なら共感して頂けると思われるこの違和感。

この「ようだね」は、「君はMr.スポックのようだね。(有名な宇宙人。似ているそうです。主に髪型。)」とも「彼はキルギスタンでも元気にやっているようだね。」とも違いますよね(・_・ )

会話でこの「ようだね」が出てくる度に「あ!今ようだねって言った!」と突っ込んでいたら同期の加藤君がこいつの正体を調べてくれました。余程うざかったんでしょう・・・

どうやら『必要』の「ようだ」という関東の方言らしいです。つまり「~する必要があるね」と言う時に「~するようだね」とお訛りになるそうです。

このなまりが強くなると「あのレストランに行くなら1万円ようだね(必要だね)。」になるそうです。なんということだ。(使っている方が居たら申し訳ありません。他意は有りませんよm(_ _)m)

そして先日発覚した衝撃の事実。

「そういえば、東京ってかつ丼屋さんあまり見ないですよね?」と言う、かつ丼をこよなく愛する私に向かって、職場の皆さんは

「何それ?」

え?いやいやいや。何それ、て。かつ丼とかソースかつ丼とかが食べられるかつ丼専門店ですよ!ラーメン屋でラーメンが食べられるように、かつ丼屋ではかつ丼が食べられるんですよ!

「かつ丼は蕎麦屋で食べるもんでしょ。」て、これこれ(;-ω-)ノ

ラーメンが食べたい時に中華料理屋さんに行きますか?いや、行くこともあるでしょうけどね。名のあるラーメン屋さんで食べたいじゃないですか。ラーメンはщ(゚Д゚щ)

おいしいかつ丼を、かつ丼に全てを捧げたお店で食べたいんですよ!

いやしかし、食は西に有りという事ですかね。グルメな日本語おじさんとしては東京の食事情の貧しさにいささか失望しましたよ。え、人参かじってる奴に言われたくないって?確かに(゚ー゚)

「べらんめい、おめえは東京の本気を知るようだ(必要がある)!」という方は是非、おいしいかつ丼屋さんを教えてください 人(_ _ )切実です。もうかつ丼のおいしい蕎麦屋さんでも良いです。

残りわずかな投稿回数でまた林業と関係無い話をしてしまいましたorz

Photo
最近は社有林で集材をしています。当社の新事業「東京美林倶楽部」の用地になる予定です。

詳しくは美林倶楽部のHPをご覧くださいヽ(´▽`)/

唐突にCMを差し込む ふしみ





 

2015年3月18日 (水)

洗車ァ!

おはようございます!もう少しでスギ花粉のピークが過ぎますかね?!

先週末、地元の機械屋さんにてこんなものを購入してきました。

Sensya2


高圧洗浄機です。さっそく、洗車をしました。お店の方に説明を受けましたが、水の出が悪くこの機械はもしや・・・と思いました。説明書を良く見てみたら、本来正しい位置にある部品がズレていたため、水圧が安定しなくなっていたことが原因でした。

正しくセットしたことで、水圧が安定し普通に使えました。

*実際に使ってみて、水圧が強く(車の塗装は剥がれないので大丈夫です)キレイに洗車が出来ました。上の写真にある、緑色のホースも付属品で付いてきました。スチールなら、オレンジ色と思いましたが、そこは緑色なんですね。

この機械の重さですが、はっきり言って重たいなと思いました。エアーや水を貯めるタンクが内蔵してあるのでその点はしょうがないのかな?

Sensya3


この前洗車したばかりなのに泥んこになり、雨の中洗車しました。

Snsya5


楽なので、洗車がたのしくなりそうです。

沖倉

«いただきもの