2018年3月21日 (水)

製材

  1. Img_09431520946731421Img_0945

みなさん、こんにちは。関谷です。今日は加工担当らしく、木材を加工し製品になっていく過程を少しお伝えしたいと思います。

チェンソーズでは数年前から木材販売も開始しています。
自社の林で切り出した丸太を檜原村内の製材所で「板」や「角材」にしてもらい、天然乾燥させたものを提供しています。

この分中の「製材所」「板や角材」「天然乾燥」と言った項目だけでも色々と語れるものですが、それはいずれ機会があればお伝えしようと思います。

さてその次の過程からが本題です。
チェンソーズに檜原村の誕生祝品などの注文が入ったら加工を始めます。
上の文で説明した材木の状態ではまだ製材所にて「帯鋸」や「バンドソー」と呼ばれる機械で切った粗い仕上がりの表面なので、まずはその表面を綺麗な平面にします。
*写真一枚目が加工前の状態です。

「自動鉋」という機械を使います。
大変便利な機械でして、スイッチを入れて木材を通せば出てくる時には綺麗な表面になっています。
機械が無い時代には手作業で鉋をかけていた事でしょう。
大変ですね。
*二枚目の写真が機械に通すところです。

そんな大変便利な機械を使用して加工するのですが、
実際は「ちょっとめんどくさいなあ」と思いながら作業に取り掛かったりします(笑)
なんでかというと、この作業で何をしたいかというと表面を綺麗に整える事はもちろんですが、
「使いたい厚みの板に仕上げる」というのが一番の目的なのです!

一度で削れる厚みが決まっているので、何度も機械の通す必要があります。
「木」ってそれなりに重いんです。
何十枚、何度も繰り返しやってると疲れます(笑)

ですが!
ここで今日一番お伝えしたかったことです。
「機械から出てくる木は美しい!」

加工前は表面がざらついていたり、天然乾燥の過程で日焼けしたりしています。
その部分が削られて木本来の色艶が現れるのです。
これを見る頃にはめんどくさいという気持ちは消えています。

徐々に綺麗になっていき、調整を繰り返してピッタリ希望の厚みに仕上がった時には達成感すら感じるほどです(笑)

ホームセンターなどではこの様な過程も済んだ綺麗な状態で陳列しているので皆さんにとってはこの状態が通常かもしれません。
ですが、ものづくりをしている人たちはこの様な工程も自分で行う場合が多いです。

更に!
ここ重要です(笑)
「天然乾燥を行った材なので、通常よりも色艶が良いです!」

今現在、大量に木材を出しているところは殆どが人工乾燥(機械で乾燥)だと思います。
天然乾燥は「手間」も「時間」も「場所」もかかるので中々大変だからです。
でもその分木本来の油分を失うことなく乾燥できるので製品に仕上げた時の色艶、香りも良いのです。

写真ではあまり伝わりませんが最後の写真が表面・厚みを仕上げたものです。
薄いものは途中で違う工程を経ていますが、長くなるので省いています。

大分文章が長くなってしまいましたが、結論は「やっぱり木って美しい」です。
機会がありましたらチェンソーズの美しい木を皆さんにも見て頂ければと思います。

今回の内容は製品を作る上でのほんの一部なので、
今後も少しずつお伝えしていきたいと思います。

読んでくださりありがとうございました。
関谷駿

2018年2月20日 (火)

目線の違い

こんにちは、関谷です。
先日、事務所から払沢の滝駐車場まで歩いた時のことから話始めようと思います。

檜原村の観光名所である「払沢の滝」。その駐車場を通過し上って行ったところに東京チェンソーズの事務所はあります。

その道中には、登山道?生活道?とにかく「歩道が通っている」事は知っていたものの歩いたことは今までありませんでした。
普段はヘアピンカーブが続く車道を車で日々行き来している為です。

しかし先日、ついにその歩道を利用する機会がやってきました。

17時を回り暗くなった上、先日の雪がまだ残っていてツルツルに凍っている道を、「早く降りて帰ろう」と思って速足で下り始めたのですが、すぐに歩みを緩めて周囲を見回しながら歩いていました。

いつも見ていたはずの景色が全く違って見えたからです。
理由は二つあると思っています。
一つは歩いているという事。
二つ目は歩道が車道よりも低い位置を通っていることです。

車で通っていると見ない景色、さらには視点が異なっていたわけです。
程なくして林内に差し掛かった時、足を止めて思わず写真を撮っていました。
街灯が点灯している事にも驚きましたが(笑)、その街灯が照らし出す景色が綺麗だと感じたからです。
雪が残っていたのも更に良かったのかも知れません。

その後も林内を歩いていて、なんか癒される様な心地で数分間歩き通いなれた車道へと出ました。
そこでもやはり普段と違う景色に感じるなと思ったのです。
車の中では感じられない匂いや肌にあたる風の感覚、更には視界に飛び込む映像の違い。
きっとそんな感じの違いだったのではないかと、今分析してみました。

ただ「歩く」というだけで様々な事を感じられた良い時間でした。
身近なところに魅力的な景色が広がっている事を改めて認識できてよかったです。

皆さんもぜひ、払沢の滝に遊びに来て檜原村の自然を感じてみてください。
払沢の滝駐車場の目の前の山は東京チェンソーズが所有し手入れをしています。
東京美林倶楽部の会員様にも協力していただき、綺麗な山づくりを目指しています。
もしかしたら我々が作業している姿も見れるかもしれません。
ぜひ見上げてみてください。1519049807391

今日も最後までお読み頂きありがとうございました。
また次回お会いしましょう。
関谷駿でした。 

2018年2月 9日 (金)

懐かしい写真

皆さんこんにちは
関谷駿です。

2回目のブログとなる今回は、懐かしい写真を頂いたので、そこから話をしていこうと思います。

27836211_1409181995860428_204644839 早速ですがこの写真は、若かりし頃の関谷駿です。
前回の記事で東京チェンソーズとのかかわりが、かれこれ4年以上になる事をちらっと話しましたが正に4年半前インターンシップでお世話になった時の写真です。

昔の自分を見るのは不思議な気分になるものですね。
周りからはあんまり変わっていないと言われました。
昔の方がやせていたくらいでしょうか?(笑)

当時何を体験したかというと、真夏、一番暑い時期の3週間、下刈りという作業をしました。
植えてある苗木周りの草を刈る作業です。
チェンソーズをご存知の皆さんは既にほかの方の記事や林業の知識として知っているかと思うので詳しい説明は省かせて頂きます。

いや~暑かったです(笑)
直射日光に晒されながら大鎌を振っている訳ですからね。
最初の頃は一日にどれくらいの飲み物を持っていけば足りるのかわからず、
夕方には足りなくなった事もありました。
そんなこんなで日に日に持っていく量が増え、最終的には6L持っていき5.5Lを一日に消費していました。
この消費量はチェンソーズのメンバーも驚く量だったようで、「お前飲みにかかってんだろ!」と笑われたのを覚えています(笑)

それ以外に覚えているのは、草の匂いです。
切った草から出た水分と夏の暑さで匂いが充満します。
草によっても匂いは違い、甘いピーナッツバターのような香りがすることもあれば、
ザ・葉っぱというような青臭い匂いもしました。
どちらもなかなか強烈だったように思います。

そんな感じで4年半前の自分はがっつり林業の一部を体験していました。
その後すぐには林業の道を選ばなかったわけですが、なんだかんだで今こうしてチェンソーズでブログを書いています。
何がどう繋がるかわかりませんね。

ちなみに写真で手に持っているのは、期間中毎日その日の作業内容や感想、得たものを記録していた冊子です。
最終日を迎え、ちゃんとやり遂げたというサインを記入してもらった後のワンシーンでした。
あ、今気づきましたが履いている靴は今でも現役です。登山靴は強いですね(笑)

それでは、また次回お会いしましょう。
ここまで読んで頂きありがとうございました。

関谷駿

2018年1月30日 (火)

関谷駿がやっていること

20171030_142317 皆さん初めまして。
関谷駿(セキヤシュン)と申します。
この度新人ブログを書かせて頂く事となりました。

初回なので、僕がどんな事を担当しているか、
どんな思いを持っているか書いて行きたいと思います。

さて、冒頭で「初めまして」と書きましたが既に会っている方も居るかも知れません。
僕が林業に興味を持ったのは専門学校時代でその頃からチェンソーズの皆さんにはお世話になっています。
それ以来およそ4年の間、現場のお手伝いをさせて頂いたり、丸太切り体験や木工ワークショップ等のイベントも度々お手伝いさせて頂きました。
なのでどこかで見たことがあるという方も居るのではないでしょうか。

元々は現場で木を切ったりする仕事に興味があった僕ですが、
今では現場仕事ではなく「その先」を担当しています。
ここからはその内容をお話ししたいと思います。

一言で説明するならば、現場の人たちが大切に育て切り出した木材を「余すことなく活用する」という事です。
余すことなくっていう事は、余ってるものがあるってこと?って思いますよね。
そうなんです、使われずに山に置いてけぼりな子たちがたくさんいます。

山に置いてけぼりの子たちとはどんなものでしょうか?
僕らが扱うスギ・ヒノキなどの針葉樹は殆どが家などを建てる為の建築材料として出て行きます。
つまり四角くて長いまっすぐな材料へと加工されます。
その過程でいくつものパーツが切り離されて行く訳ですね。
下から順に、根っこ、曲がっている部分、先端の細い部分、枝、葉っぱ等々に分かれていきます。
そうしたもの達がほとんど使われずに山で眠っているのです。もったいないですよね。
使われているのは木の中心部分のまっすぐで綺麗に材料が取れる部分のみって事なんです。
(もちろんそれ以外に使っている方もいらっしゃいますが、ここでは割愛します)

昔はご飯を煮炊きする、暖を取る、お風呂を沸かすなどに使われていたり、
曲がっている材や細い材も適材適所に工夫して使っていたため山も綺麗な状態だったそうです。

長々と説明しましたが、枝葉や根っこ、曲がった丸太などを綺麗な状態に整えたり、もうひと手間加えて商品にして皆さんのお手元に届けるのが僕の使命な訳です。
それをやると山も綺麗になり、様々な人に東京の自然に触れるきっかけにもなるという一石二鳥にも三鳥にもなる活動なのです。

さて、具体的にはどんな風にお届けするか?どこで見る事ができるか?ですが、僕たちは昨年末から「森デリバリー」という名前で上記の活動を始めました。
軽トラを改良し、荷台には木の小屋を載せて皆さんのもとへ森のかけらをお届けします。
素材販売はもちろん、その材料を用いたワークショップ等も行います。
詳しい場所や日時はその都度HPやFB、ツイッターなどで発信したいと思いますのでご確認頂ければと思います。
主に東京都心に伺っています。
お近くを通られる際にはぜひお立ち寄りください。

まだまだ色々な事に不慣れな僕ですが、
東京チェンソーズの仲間をはじめ、東京の木に触れる皆さんの笑顔の為に日々頑張って行きますので、これからどうぞよろしくお願いいたします。

どうでしょう、ご興味持って頂けたでしょうか?
僕の拙い文章ではあまり引き付けられ無かったかも知れませんが、現場の人たちが世代を超えて管理し大切に育ててきた「森のかけら」たちを皆さんのもとへ大切に届けさせていただきますので頭の片隅に「森デリバリー」「東京チェンソーズ」と入れておいて頂けると嬉しいです。
また次のブログでお会いしましょう。
ここまで読んでくださりありがとうございました。

関谷駿

2017年6月28日 (水)

wild power food⁉︎

どーも皆様、お久しぶりでございます。関東も梅雨入りして不安定な天気が続きますが、お元気ですか?山仕事をする人間にとってもこのよくわからな天気はつくづく仕事の予定を狂わされますね…。個人的には雨の天気は好きなので複雑な心境ですが…。雨にぬれた木の葉や霧がかかった山の景色は心の底から癒されますよ!!
さて、今回のお話のネタは関東が梅雨入りする少し前。日差しがきつくなってきた我が社の社友林での出来事です。昼休みも終わりに差しかかろうとしたその時、山梨からお手伝いに来てくれているシルバーの方が山の中から何かを捉えてきた……。あれは…細長くて…独特の模様があって…猛毒がある……蛇ですね…。正体がわかった瞬間、僕は悲鳴をあげていましたよ(T . T)。話を聞いたところ、赤まむしという蛇みたいです。猛毒もさることながら、食べれば凄まじいまでの精力増強効果があるとかないとか?
ひとまず毒のある頭部は切り落として、いつでも食べられるよう皮も剥がされました。それからしばらくして…、この日の仕事は道を作るという肉体的重労働、僕のリュックの中にはガスバーナーが入ってる、もうすぐオヤツの時間…。焼いて食べましたよ!直火でこんがり焼いた蛇は少し骨っぽい川魚のような感じで不味くはなかったですよ。なによりすごかったのはその後!全身がものすごく熱っぽくなってしまいました。これもマムシ効果ってやつでしょうか?自衛隊レンジャー育成ドキュメンタリー番組で蛇を捌いて食べる場面がありましたが、この日のオヤツはまさにそれですね。梅雨が明けて暑くなって元気がなくなった時にはおすすめですよ、蛇!ぜひお試しあれ(^_^)

19532574_2325862337638187_1886215_2

細田

2017年6月 5日 (月)

今日の細田くん 《苗畑編》

こんにちは、森です。

2週間前に、事務所の上の斜面を耕しました。

杉の苗を試験に育てていく為です。

Dsc_0024
ここは長い間使われなかった土地で、
その他たくさんの雑草が、それはそれは元気に生い茂っています。
雑草は畑の敵と思われることが多いですが、
実は畑の楽しみの一つでもあり、虫の宝庫でもあります。
ここのように多様な雑草が生えている場所は、
たくさんの昆虫が入れ替わり立ち代り登場するので、
手を止めて見入ってしまうこともしばしば。

しかし、小さな杉が虫や雑草に負けてしまう可能性があるので、
ひとまず除草(&地中で丸まっている幼虫は脇へ放り投げる)に努めます。
アケビ、クズなど根の深いツタ類が生えていると、本当に大変で・・・
鍬で5堀りくらいするだけで息が切れます。
70代のベテランファーマー・Mさんにも手伝っていただき、
なんとか綺麗な畑にすることができました。


そして翌日、
苗木農家さんの畑から掘らせていただいた、

種まきから1年経った杉(花粉の少ない杉)を植えました。

15㎝ほどの、ほんの小さな杉です。
Dsc_0037
通常、山へ植える苗木は2年〜3年生なので、

一足早く、農家さんの居心地のいいフカフカの土を離れ、

山の土に慣れてもらうことになります。
今日は、

雨で現場が休みな細田くんに畑作業を手伝っていもらいました。
春に植栽をしたばかりなので、手馴れた感じです。
檜原村では見慣れた斜面畑ですが、杉苗の畑で、

傾斜のあるところは珍しいかもしれません。

(彼は足が長いので大変そうです)
Dsc_0042
最後に、散霧器で水をかけます。
Dsc_0053_2
今後の成長が楽しみです!

2017年5月26日 (金)

大人の遠足

こんにちは。事務の竹本です。

今日は、私の休日のお話です。チェンソーズとはあまり関係ないですが、

檜原村暮らしのとある一日をご紹介します。

先日、村のお仲間と、お花や風景のスケッチに出かけました。

推定平均年齢60歳以上の大人の遠足です。

まずは、チェンソーズの事務所がある時坂を車でずんずん上り、

蕎麦処みちこに行きました。

29523_8

みちこは、知る人ぞ知る(?)お山の上の古民家のお蕎麦屋さんです。

TV取材や観光客はよく来ているようで、有名人の写真やサインも飾られています。

そんな有名店で、檜原村には数えるほどしかない飲食店の一つだけど、

私は行ったことがありませんでした。

私どころか、檜原村在住歴60年以上の同行者のみなさまも誰も。

住んでいると、観光客が行くようなところには意外と行かないものですね。

でも行く途中、

「ここら辺は授業で下刈りに来た山ね~。鎌で怪我した人がいて大変だったわ」

「あそこの山は誰々さんの山ね~」「昔はこのあたりに道があって登ったね」

なんて会話もあり、さすがみなさん山についてはとてもお詳しいです。

みちこさんには開店前に到着しましたが、天気がよかったのもありすでにお客さんが

来ていました。私たちはお蕎麦と山菜天ぷらをいただきました。

H29523_329523_9

「何の葉っぱだろう」とよくわからないままいただきましたが、おいしかったです。

食後にはみなさんが持ってきたおせんべいや飴を分けっこしたりして、子どもの頃の

遠足みたいで楽しかったです。

めでたしめでたし・・・という満足感でしたが、そこからが本題です。

お店の周りに咲く「クリンソウ」というお花をスケッチするという名目で来たのですから。

クリンソウは“山間地の、比較的湿潤な場所に生育し、せせらぎや渓谷の湿地などに時に群生する”そうです(ウィキペディア情報)。

ちょうど見頃で、とてもきれいでした。アゲハチョウや熊蜂も吸密に来ていました。

お花をスケッチした後は、山々が見渡せるスポットへ移動してスケッチ。

29523_11

「あそこはどこの集落?」「こうみると檜原村も広いわね~」

などとおしゃべりしながら。3時間程度の遠足でしたが、楽しい思い出になりました。

 

私は、けっこう年配の方とも波長が合うので、こんな交流が楽しいです。

近所のおばあちゃんやおじいちゃんとお話しをするのも好きです。

昔話も面白いし、みなさん優しいので癒されます。


竹本

2017年5月 8日 (月)

ちょっと休憩

 なんだか最後に更新してから順番が回ってくるまで随分長かった気がします、例の城定くんの仕業だと巷では噂になっていますが…お久しぶりです宮下です。

 今回は特に書くことが無いのでちょっと休憩させていただきます…休憩、大事ですよね?(笑)

Kimg09941920x1080_2

 これは枝打ち作業をしていたときの‘休憩’の風景です、林内だと写真が何でも様になるといいますか、いい感じといいますか、何かいいですよね。

 
 休憩は大事だと言いましたが現場仕事において休憩は本当に大事なんです。休憩を取って息を整えるのも、ちょっと体調が悪いときは少し横になるとか…‘休憩’をとることも仕事の一部です!体調管理に直結することですので。

 
 作業の合間の休憩も楽しみの一つですがやはり一番の楽しみは昼休憩です!何故楽しみかというと寝れるから。(笑)

 
 実はわたくし通勤時間が約1時間30分かかるので朝がとてつもなく早く昼くらいに眠気に襲われるのです…
 どこから来てるのか?とかそのへんのお話も今度是非させていただこうと思います、もしかしたら林業に興味があるけど家が遠いし…なんて方の参考にもなるかもしれませんし。

 そんなところで今回は何が伝えたかったかといいますと…皆さんも忙しさに流されずに‘休憩’取ってくださいね!!という話でした。 

宮下

植え付け

こんにちは〜
気がつけばすっかり桜も散ってしまい、寂しげだった木々が芽吹いて日差しも暖か…というより暑くなってきましたね。春はもう終わってしまいそうな…
寒さよりも暑さに強い城定です。
ほんとに暑くなりましたね。私早くも汗だくで仕事している日もあります。
朝晩は肌寒い日もありますので風邪には皆さまも気をつけてください。インフルエンザも今更流行っている所もあるようですね。

さてさてここ最近ですが私の地元八王子にて植栽作業をしております。杉や檜の苗木の植え付けですね。
普段我々が囲まれているような大きな木と比べるとずーっと小さく可愛らしい苗木を植えております。
つまり、イッチバン最初のお仕事ですね。責任重大です。この子達が枯れてしまっては今後のお仕事に結びつきません…なので一本一本心を込めて植えております。
私の地元の木を植えてこれから育てていくことに携われるということはとっても喜ばしいです。(しかも直行直帰させてもらっているのでとっても楽っていうのは内緒です)
より一層責任感、やる気がみなぎっております。

そんなタイミングで先日は弊社の大人気?会員制イベント
東京美林倶楽部
第3期
植え付けイベントがありました。
もちろん私は植え付けイベントは初めての参加となりました。
諸先輩方に叩き込まれた植え付け方法をお客様に説明しながらも、僕なんぞが教えて大丈夫なのだろうか…とドギマギしながらも皆様楽しんでいただけている様子でした。というよりも私自身がとっても楽しませていただいてしまったような…
と楽しい会になりました。次回は夏の下刈りイベントですね。
お集まりいただいた皆さま大変にありがとうございました。下刈りイベントでまたお会いできるのを楽しみにしております。
まだ入会されてない方、ご興味のある方は是非いかがですか?東京美林倶楽部

というような感じで初めて会社の宣伝をさせていただきました。
いつも訳のわからない宣伝ばかりでは怒られるので…

そんな私も植え付けた苗とともに私もこれからもっともっと成長していけるよう日々精進してまいりますので今後とも叱咤激励よろしくお願いします。(豆腐メンタルなので叱咤はほどほどに…)
Img_0066

城定

2017年4月28日 (金)

今日の佐田さん 《植栽編》

こんにちは 森です。


春は、樹を植える「植栽」の季節です。

今回は佐田さんを通して、春の植栽の空気をお届けできればと思います。
Dsc_0543_3
佐田さんは、30代半ばで、ふたりの男の子のお父さん。

チェンソーズで一番ユニーク。(だと思う)
たまに佐田さんの口笛が聴こえてくると、

現場は昭和の青春映画感につつまれる。




今日は杉苗を植えていきます。


Dsc_0538
「トンガ」というツルハシのような道具を使って穴を掘る。

等間隔に植えていくが、株があったり、石があったり、根があったりするので、

場所も慎重に選ぶ。


Dsc_0539
次に、掘った穴に苗木をさしいれ、土をかぶせる。

様々な配慮をしながら、丁寧に植えていく。
Dsc_0540_2
次に、根元をよく踏み固めて、根が乾燥しないようにする。
Dsc_0541
枯れてしまい、補植が必要になることも多いので、

最後はきちんと確認。

何か話しかけているようにも見える・・・


実はこれが、この現場で最後の一本。

これで約二週間の植栽現場も終わりです。


Dsc_0545_2
天気も手伝って、最終日は皆ほっとした表情。

Dsc_0549
終了後、皆で山を降ります。ちょうどお昼です。




ランチ前に再度山へ登っていく佐田さん。

Dsc_0560

何かを探しているようです。
Dsc_0567

手に持っているのは、トゲだらけの山椒。

山椒の若葉は香りがすばらしく、

佃煮などにするとピリリとして、それはそれは美味しい。
(数日後、佐田さんのお弁当箱には、自作の山椒の佃煮風が山のように乗っている・・・山椒丼といった感じ。ちょっとつまませてもらうと、やっぱり美味いしい。パンにも合います)

こんな感じで、ささやかな山の恵みを持って帰ったりすることがしばしば。



皆閥後に芽吹いた植物は、元杉檜の林だったとは思えないほど多種多様。

これらの植物は夏に向けて、今回植えた苗木を覆う勢いで繁茂していきます。

次の作業は 植えた木をそれらから守るための、夏の「下刈り」です。

今日のようなぽかぽかの陽気とは打って変わって、

刺すような日差しの中での作業になります。



あっという間に過ぎていく若葉の季節を 

みんなそれぞれに楽しんでいるようです。

Dsc_0570
おわり。

«outdoor day!!!