2017年4月12日 (水)

outdoor day!!!

どーも皆様、お久しぶりでございます!新人の細田です。かれこれ月イチのペースでまわってくるはずのブログの存在をすっかり忘れておりまして…(サボっていたわけではない!)。お待ちかねの細田ブログの登場ですよ。サボりに関しては海の底よりも反省しておりますのでお見逃し頂きたい…
先日、4月8.9の土日におきまして、東京の代々木公園内で開催されたアウトドアデイというイベントに参加させて頂きました!アウトドアデイとは、今年で17回目をむかえる、国内最大級のアウトドアイベントらしいです。入場料がなんと無料のうえ、さまざまなアウトドアメーカーのブースが立ち並び、実際に触れたり体験ができるといった、アウトドア好きになたまらないイベントなんですよ。
その中に、我々東京チェンソーズが参上したのです!ブースの内容は東京のヒノキを使ったスプーンと、カッティングボードのワークショップです。スプーンはヤスリがけをした後、クルミオイルを塗って仕上げ、カッティングボードは鉈を使って切り出してカンナをかける内容でした。特にカンナがけは、大人も子どもも夢中になっていました!上手くカンナがのって、スルスルとクズが出でくるのがたまらなく気持ちいいんですよ…中には削り出したカンナクズを持ち帰る方もいました。店頭にくるお客さんからも''木のいい匂いがする''とご好評いただきました!土日の2日間は残念ながら天気が悪かったのに、来場者数はなんと2日合わせて約10万人以上!!雨でも非常に活気と熱気のあるイベントでした。
最後に、我ら東京チェンソーズのワークショップブースの写真を載せます。設置に半日を費やし、社長の素晴らしきアイデアから生み出された(無茶振りとも言える)テントです!けっこう好評でしたよ社長!!

17887076_2268875646670190_176689742

17901911_2268875656670189_139393760

細田

2017年4月10日 (月)

ごぶさたです

いつのまにやら春ですね。

はい・・・・ブログをサボっていたこと、新人一同を代表してここにお詫び申し上げます。3月は山仕事も事務仕事も忙しく、ブログ以外のお仕事はみんな頑張っていたのですが、ブログだけ・・・ブログだけ・・・できなかったんです。

 暖かい地方(都心を含む)では桜が見ごろを迎えているようですね。檜原村では桜はまだで、どちらかというと梅が満開です。

檜原村では3月になると、ヤマメ漁が解禁し、フキノトウがボコボコ顔を出し、ヤブカンゾウやワサビがもっさり生えてきます。そのうちに、タケノコやゼンマイ、タラの芽、ワラビがニョキニョキ出てきます。自然のものだけでおかずが揃っちゃう日もあります。この時期はスーパーマーケットがなくても、畑がなくても生きていける気がします。

 さて、私は事務担当なのですが、ちょっと別な仕事もしました。木に焼きペンで文字を焼き付けるという、職人ぽい仕事です。写真は試し書き。東京美林倶楽部の法人会員様として、会社の記念樹を植えていただくことになり、その記念品的なものです。

Img_3828

 東京美林倶楽部は今月に第3期の植えつけがあります。

以前から、私も個人的に入会したいと思っていたのですが、息子がだいぶ歩けるようになったこの春、家族で植えつけに参加することにしました!生まれた年に植えるのも記念になるけれど、自分の足で歩いて登って、自分の手で作業させたいなと思ったのです。とはいえまだ1歳なのでどこまでできるかわかりませんが、頑張ってくれると思います。

 

今日はお昼に山へ行き、植えて9年経つというスギ林を見ました。子供が小学4年生頃にこのくらいの木になるんだなぁと思いました。桜を見ると、去年の桜や来年の桜の頃を想ったりしますが、木の成長とともに家族のことを想ったりするのも素敵ですよね。

Img_3819

写真は事務所に生えていたヤブカンゾウ(食べられる草)

竹本

2017年4月 5日 (水)

お久しぶりです。

皆様大変にご無沙汰しております。覚えていらっしゃいますでしょうか?城定でございます。
そうです。このブログが会社のブログである事を忘れて好き勝手な内容ばかり書き綴るあの城定です。

大相撲初場所の千秋楽を観ながら前回ブログを書いていたのが、気がついてみれば春場所が終わってしまっているではないですか…
我が子を炎天下の駐車場の車の中に放置する〇〇親が如き放置プレーを敢行していたわけでございます。。。
これは本当に許せませんね。。。
そのくらい罪深い私が、稀勢の里の逆転優勝に感化されて重い腰を上げてブログを再開したことは言うまでもないでしょう。(ホントは千秋楽観て、前回の千秋楽のときにブログ書いてたの思い出して焦った)
こんな事を申し上げますと、私のブログを楽しみにしていただいている(推定3名いるかどうかの)読者様はこの調子だとコイツ次の更新も2ヶ月後にするつもりだぞ。と思われるかもしれませんがご安心ください。
ここにブログ完全復活をお約束します!

と宣言してみたものの今回のネタすら見つかっていない次第です。。。
しかし2ヶ月ぶりという事ですので、ここ最近の私のお仕事を振り返ってみます。

まず初の間伐現場に入らせていただきました。
Img_2395
(大きな声では言えませんが恐〜い先輩に睨まれながら頑張りましたよ!)

それから以前紹介した枝打ち。
Img_2439
最近は毎日枝打ち地獄!パッと見地味ですが結構疲れます。。。精神的にも。。。

最後に、搬出現場にもお邪魔しました。
Img_2437
いい木ですよね?僕はほぼ見てただけですが…

てな感じの2ヶ月でした。
あっさりと振り返ってしまいましたがなかなか中身の濃い日々を過ごさせていただいております。
毎日疲れきってよく寝られます。
皆様はいかがお過ごしでしたでしょうか?
山のあちこちでも少しずつ春になったなと感じる場面が増えてまいりました。がまだまだ寒いです…

まずその心配はないかと思いますが、現場組の新人他2人が誰かさんのようにサボったりしなければ3週間後、もう少し春らしさが増した頃またお会いしましょう。

…サボっててすみませんでした。反省しております。

城定

2017年2月27日 (月)

花粉の季節

 お久しぶりです宮下でございます...
寒い寒い冬も通り過ぎつつありますが、皆様体調管理には気を付けてください!

 わたくし実は花粉と扁桃炎のダブルパンチをくらってダウンしてました、、、

 というのもわたくし何を隠そうアレルギー反応MAXレベルの花粉症持ちでございまして...(笑)
そんな人が花粉の爆心地で働けるのか!?なんて思いますよね、僕も思ってました。

 結論からいうと働けます!ただまだ飛びはじめで量も微量だと思うので油断はできませんが!!

 まだ花粉が飛ぶ前の季節から対策をしようと先輩方に花粉対策を聞き回っていたのですが、みんな口を揃えて「花粉を飲めば治る!」みたいなことをいうのです...正直全然参考にならなかったです...治療法がワイルド過ぎです(笑)

 あとは山にいれば排気ガスと混ざっていない純粋な花粉だから街よりいいなどという意見もありましたが、それもまだよくわかりません...どうにせよもうすでに最強クラスの薬を呑みながら仕事をしているわたしからしたらあまり差はないきがしますが...(泣)

 次回までに世の花粉症持ちの方々のためにも花粉に関する有力情報を集めとおきますのでお待ちくださいませ!

 そして最後に...樹液が流れ出ていて綺麗だなぁーと思って撮った写真です、これが固まると琥珀になるのですね。もしかしたらこれもすでに固まっていたかも知れませんが触ってないのでわかりません、(笑)

Kimg09771080x1920_2

なんだか春の訪れを感じますね...

宮下

2017年2月21日 (火)

木の皮をむく!

どーも皆さん、ご無沙汰しております。ここ最近、同期2人からの呼ばれ方が“はるかちゃん”で統一され始めた新人の細田です!
唐突ですが今までのタイトル『新人ばてばて日常』ですが、いい加減くどいかな〜と思ったので今回から変えてきます…シンプルなタイトルっていいですよね(言い訳)。

年が明けてついに新人もチェンソーを扱わせて頂く機会があったり、枝打ちに精を出している中、ちょっと変わった依頼が我ら東京チェンソーズに来ました。内容としては…『木の皮むいて納品よろしく!』。
…という事で社有林のヒノキを切り出して皮をむくことになりました。なんでも幼稚園の遊具材として使うんだとか。私も元保育士として、木の温かみのある遊具が作られることは嬉しいことです!気合いを入れて皮をむきまくります!作業内容は大まかに、同じ長さに切られた材をスクレーパーというヘラのような道具を使って傷つけないよう丁寧に皮をむく、仕上げに高圧洗浄機で細かな皮を落とす、という感じです。仕上げの高圧洗浄機の威力は半端なく、綺麗に仕上がった材はまるでゆで卵のようにツルツルのテカテカに輝きを放ちます!
仕上がった材をみると、腰の痛みにもめげず、無我の境地に達した状態で雪の降る中ビショビショになりながら作業をした苦労も報われるというものです!どんな遊具に生まれ変わるのかとても楽しみですね。
最後に皮むきの作業風景、飯塚先輩のゴーストバスターズ風高圧洗浄機仕上げ風景、仕上がった材の写真をお見せします!
それではまたお会いしましょう!

16880801_2232156643675424_367853960

16910669_2232156810342074_186057223

16880613_2232157167008705_160468835

細田

2017年2月17日 (金)

古民家×東京チェンソーズ

こんにちは。事務担当の竹本です。

竹本は今、会社の「見える化」というのを進めています。契約書や請求書、勤務状況などの原始資料をいろいろな形に集計し、分析や評価をし、会社の経営戦略や問題改善に活かせる情報にしていく・・・その第一歩くらいのとこにただ今おります。

なので現場メンバーが山に木を伐りに行っている間も私はパソコンに向き合って数字を見ています。まぁ事務職ですからね。でもたまには体を動かしてたいわ~なんてタイミングでいい仕事あり。事務所の模様替えです。

本日は午前中半日をかけて事務所の大規模な模様替えを行いました。

というのも、東京チェンソーズでは5ヵ年計画の一プロジェクトとして、事務所お片付け大改革(?)が進行しています。道具置場や事務所機能を移動させたり、イベントスペースを作ったり、歴史的トイレを現代的なものにチェンジしたり、シャワー室なんかも設置しちゃったり・・・夢は膨らんでいます。

()そうじの力さんのアドバイスも受けつつ、お片付けは計画的に着々と進められています。事務所や車、道具を日ごろから整理整頓することは、林業の現場作業での事故や危険の予防にもつながるそうです。確かにそうですよね。そう考えるとたかがお片付け、されどお片付け、最重要事項と言っても過言ではないでしょう。

本日はお片付けの一環として、事務仕事用の一室に置いてあるものをいったん全部運び出し、ついでに板の間に畳を入れ、ついでにデスクの配置換えを行いました。

Img_3120 Img_3122

デスクのレイアウトについてはその場にいた6,7人であーだこーだ言い合って決めました。窓外の大自然を眺めながら仕事をしたい!ストーブの配置でみんな暖かく!斬新な菱形にする!流行のスタンディングデスク!・・・そんなあーだーこーだの結果、このようになりました。

Img_3127

奥はデスクトップパソコンを置いて事務担当のデスク。手前は3つのデスクをつなげて一つの大きなテーブルにして、物は置かず、みんながその都度自由に使えるように。東京チェンソーズらしく、若々しいオシャレな感じにまとまったのではと思います。実際少し使ってみたところ、いい感じです!今後もあーだこーだを繰り返して、より良くなっていくでしょう。

私の席はというと、一番手前の窓際から一番上座に栄転しました。この席は以前は外から冷気が来るしストーブから遠く一番寒い過酷な席でしたが、ストーブの位置が変わり暖かくなり、障子を開けていると遠くの山まで見渡せる、とても素敵な席になりました。やった!これで心も新たに仕事に邁進です。

 400年といわれるこの古民家は、今までにもすでに増築や修繕を繰り返し、ずっと使われてきたそうです。これからも東京チェンソーズが何度も何度もよみがえらせて大切に使っていけたらいいなぁと思います。

竹本

2017年2月 8日 (水)

魅惑のアグロフォレストリー

こんにちは、事務の森です。

 

先日、奥多摩町へ行く機会があり、

途中で奥多摩町古里図書館に立ち寄ってみました。

 

林 森 山などの言葉が並ぶ一画で、

ある言葉が目にとまりました。

R0027670

『アグリフォレストリー』です。

真ん中あたりです。

 

Agriculture農業・畜産業)+ Forestry林業)=Agroforestry

 

アグロフォレストリーという言葉を聞いたことがありますか?

明治のチョコレートの商品名になっているようなので、

メジャーな言葉なのかもしれませんが、私は知りませんでした。

 

木材や燃料としての木と、動物や人間が利用したり食べたりできる植物や果樹とが

バランスよく混在している森なんて、さぞ豊かで気持ちがいいだろう・・・

Dsc_0047

が、どうやら私の思い描くゆるいイメージより、

現実的かつ具体的なもので、大体次のような感じのようです。

(本は借りたのですがまだ読んでおらず、先にちょっとネットで検索。)

 

林業は、木を植えてから収穫までに大変長い時間がかかる。

木が生長するまでに土が流れてしまったり、土地が枯れてしまったり

環境や生態系のバランスが崩れるなどの問題が出てくる。

何より、その間利益が出ない。

 

そこで、

木や果樹やその他作物の列を

交互に並べるような形で土地をデザインし、(同時に家畜を飼ったりも)

木が収穫できるようになるまでの間、

他の収穫物で収入つなげる、という経済的な側面と、

土壌や生物多様性などの環境的な側面の問題を一挙に解決する、というもの。

 

おもに、森林破壊や人口増加による食糧不足や貧困などが深刻化した地域

(アフリカや南米など)で行われているのが主なようですが、

日本などでも、伝統的な営みとして、似たたようなことは行われていたそう。

(山で木とほかの作物を混植して育てたり、山で家畜を買ったり)。

 

土地の数・人の数だけ、それぞれのアグロフォレストリーがあるという程で、

その組み合わせや目指すべきことなどはさまざま。

無限の可能性と楽しみがありそうです。

R0027627

・・・まずは借りた本を読むことにいたします。


- - - - - - - - - - - - -

 

 

さて、奥多摩からの帰り道、青梅・御岳駅近くの小さなお店に立ち寄りました。

R0027675


maunga』です。

美林ブログ でもご紹介済み)

中古の山道具、山衣装(この言葉は違うかも)のお店です。

自然に関する古本や、ビスコッティもありました。


高額なアウトドアグッズを中古で買えるのも嬉しいですし、

アウトドアに特化したリユースshopも少ないはず。


平日の
午後3時頃でしたが

所狭しと商品が並ぶ小さな店内には、

アウトドア好きのおじさま方が次から次へご来店。

R0027678

賑わっていました。


- - - - - - - - - -



事務所はまだまだ寒々しいですが

徐々に日照時間が延びてきた軒先では、

R0027636

福寿草が。

それでは良い午後をお過ごしください。

 

2017年2月 4日 (土)

枝打ち

ご無沙汰しております。
今更ではございますが、あけましておめでとうございます。2017年初の城定ブログです。
とは言いましても1月も早くも下旬になってしまいましたね〜
今年も趣味の話からで恐縮ではございますが、大相撲初場所は稀勢の里の初優勝(涙)
いや〜今年はいい1年になりそうですね。とてもいい刺激をいただきました。
まだまだ新弟子の私もいつの日か林業界の横綱に…
と夢を抱いております。
少し大きなことを言い過ぎましたでしょうか…

年も変わり最近はまた1つ新しいお仕事をさせていただいております。
それが
枝打ち
でございます。

将来材木とするときに節がない綺麗なものにするための作業です。
登降機というこれまた便利な道具を足と木に取り付けスルスルと木に登って行くはずなのですが…
我々新人はこれにも苦戦!
以外と登るのも難しい…
そんな我々を横目に先輩飯塚は木を歩いているかのように登っていました。この表現実際に見てみないと分かりづらいと思いますが。。。
なんとか木にしがみつき、高さに膝をガクガク震わせながらもなんとか枝を落としに登り降りしております。
横綱までの道のりはまだまだ長く険しいものになりそうですが、2017年も一番一番…ではなく一日一日精進していく所存ですので、どうぞよろしくお願いします。

写真は枝打ち中の宮下です。
枝切ってますね〜

城定

2017年1月26日 (木)

こたつを出る決心をして

こんにちは、竹本です。寒波到来中、山と川に囲まれた檜原村はしんしんと冷えております。事務所ではストーブを焚いてモコモコスリッパを履いて寒さをしのいでいます。現場のみなさんもいろいろ寒さ対策しているようですが、新人の宮下君はヘンなタオルの巻き方をしています。写真が見たい方は宮下君にリクエストを。

 さて、そんな冬にもいろいろな楽しみがありますね。檜原村の冬の楽しみは、薪ストーブにあたって何もしないパターンもありますし、アグレッシブにお外へ繰り出すパターンもあります。お外へ「氷瀑」を見に行きましょう!ひょうばく。滝が凍ることです。氷瀑は日本の各地に存在し、その地域の人々の冬の楽しみの一つとなっているようです。そして氷瀑の楽しみ方はそれぞれのようです。自然の姿を見て楽しんだり、ライトアップしたり、クライミングしたり・・・。

檜原村の観光スポットである「払沢の滝」は冬の寒い日に凍ります。年によって滝が全部凍ったり全部は凍らなかったり。村では毎年、氷瀑クイズ(滝がいつ最大結氷するか当てるクイズ)やフォトコンテストが開催され、とても盛り上がります。

かくいう私も、実はまだ払沢の滝の氷瀑姿を生で見たことがありません。だって寒いんだもん。でも見てみたい。でも。。でも。。でも。。

 そんな決心のつかない人は、25日に行きましょう!

25日(日)、「払沢の滝冬まつり~ほっこり市」(檜原村観光協会主催)が開催されます。会場は滝の駐車場から滝にいく途中です。農産物か買えたり、村のおいしい食べ物が食べられたりします。ほっこり市の会場となりでは、東京チェンソーズの東京美林倶楽部現地見学会も開催いたします。滝を見がてら山を見るもよし、山を見がてら氷瀑を見るもよし、ぜひ冬の檜原村へお越し下さい。(防寒忘れるべからず)

東京美林倶楽部現地見学会の詳細・お申込みはこちら。

http://birin.club/tour2017-1/

H29124after_2

写真はこおりあそび。作り方は、鍋に水と材料を入れ、外に出して一晩寝かせる、です。

 

竹本

2017年1月23日 (月)

雪山での仕事。

 みなさま明けましておめでとうございます、宮下です。
なかなかお久しぶりの更新になってしまいましたのですっかり季節も本格的な冬になりました。

 もうすでに雪も何日か降りましたね、ここ檜原村は東京都ですが山岳地帯ですので都心のように溶けてはくれず山頂などになると未だにかなり積もっていたりします。

 Kimg07921920x1080

 ↑の写真は私が年明け最初に入っていた現場付近なのですが、なんと車で移動しそこからさらに一時間ほど山を登ったところにあるのです!
 年明けそうそういいトレーニングをさせていただきまさした...(笑)

 ただそんな長く苦しい通勤よりも厳しいことがあります...寒さです!!
 作業中は体を動かすので暑く休憩をすると一気に体温が下がります、汗もかいているのでとても寒いです、みんな着る物のバランスを調整して低体温症などを防いでいます。

 そんな中でも楽しみがありまして、それがこれ!

Kimg07551920x1080

 何をしているのかと言いますと、お昼ご飯のカップラーメンを食べるためにお湯を沸かしているのです!
 陽のあたる場所を見つけてそこで食べる暖かいラーメンは最高なんです!!!!(笑)
 陽があたるので雪もなく、食べ終わったら昼寝をして午後に備えるんです。(笑)

 とまあ初仕事の話が仕事内容ではなくちょっと変わった話になってしまいましたが(笑)。今年も頑張って山へ繰り出して参りますので、皆様どうぞ今年もよろしくお願いいたします。

宮下

«新人ばてばて日常〜新年編〜